大会の日でした

ミントの大会に出場された方、および出られなかった方お疲れ様でした。
私は用事でそもそも行けませんでしたが。
大会の様子については、ジャッジをした神嶋氏とプレイヤー出場した御影氏から聞きましたが、大盛況だったようですね。
多分行ったとしてもジャッジだったので関係なかったかもしれません。

では、前回の記事の続きです。リーダーについての話になります。

まず最初に。
八雲紫はリーダーとしての素質が全体の中で頭一つ抜きん出ています。
それは、基本的なルール事項である「サポートは起動フェイズにしか装備できない」を破壊しているからです。
アリス・マーガトロイドも、同名サポートの複数装備というルール破壊を起こしていますが、紫のそれとは比較になりません。
充填フェイズにサポートを装備できるのがなんだ、前のターンにつけておけばいいという論調も(ないとは思いますが)あるかもしれないので一応。
スペルカードを配置し、起動してエンド~次ターン開始時に呪力補給してからサポート配置して攻撃フェイズ、という流れはまさに強烈です。
この場合、自分のスペルカードにサポートを配置するのも当然強力ですが、相手の起動したスペルカードに<調伏>をつけるといった動きはより強力です。
というか欠点が軽く見当たらないので、頭一つというか頭二つ以上抜けてるといってもいい気がしてきました。
強いて言うならば、他のリーダーにある「呪力を何かのアドバンテージに変換する」能力がないことが欠点ですが、そんなものは鼻で笑えると思います。

そんなわけで前回の記事で紫リーダーだったのをいくつ提示したのか確認したところ、3つしかありませんでした。
紫1霊夢3を書き忘れてます。さっき書いたとおり<調伏>投げで相手のスペル1枚を死に体にしてしまえるので文句なく強いです。

次に…というか、ここで挙げるリーダーは「紫の次」の強さという意味になります。

・西行寺幽々子
体力23という特殊能力があります。
基本能力は見えないと思っていいです。
紫と組むときはリーダーには一歩及びませんが、それ以外と組んだときは高確率でリーダーに据えることになるでしょう。
勿論、色が濃くなりがちなので紫と組むことが多くなるのは必定なのですが…。

・レミリア・スカーレット
特殊能力は決死結界2と呪力で攻撃力を上げることです。
どちらも強力な反面、体力が絶望的に低いのが辛いところ。
こちらから攻撃、相手の反撃を回避を1度行ってようやく体力が追いつくと思えば丁度いいかと。
根本的に構築に影響するリーダーなので、紫がどうのとは別の話になるのですが、なんとも。

・十六夜咲夜
基本能力しか書いてませんが、命中を上げることがどれだけ有効なことか。
また、これらの強力なリーダーの中で唯一人間という情報も見逃せないところだと思います。
体力、回避、決死の3種において全て平均値を保っていることも強みになります。
紫と組むこともありますし、紫には及ばないのですが、例えば魔理沙を使うならば咲夜をリーダーに据えるとベターのような事例が簡単に思いつくのは強力な理由だと思います。


彼女たちは、紫リーダーではない確固たる理由の持てる強力なリーダーです。
アリスは確固たる理由があるリーダーなのですが、妖夢と同じように特定のカードに恐ろしく脆いのでこの中からは外させていただきました。
幽々子はかなりこの3人の中では怪しい分類です。
が、幽々子2妖夢2の<永遠を斬る>デッキの場合確実に彼女がリーダーであり、かつ強力なのでランクインとなっています。
なお、霊夢リーダーは個人的な評価をさせていただくと紫に及ばないこと請け合いだと思います。
ですが、私の無知のせいという可能性も大きいので、何かこれぞ!というデッキがあるならコメントなりメールなりして下されば中の人がとても喜びます。
[PR]
by htm1216 | 2006-06-05 04:24 | 考察
<< ネタがなさ過ぎる 今週の日曜日に大会がありますね >>