蒲田幻想物語 レポート編

神嶋氏主催の蒲田幻想物語に参加してまいりました。
使用デッキ、及び全体の感想については別の記事で。
一応こちらでも配分だけ記述しておきます。
使用したのは咲夜L/咲夜3妖夢1でした。
レポートの内容についてですが、初手に関しては本当に記憶がおぼろげなので結構異なることもあるかもしれません。
もし対戦相手の方が気付かれたら申し訳ありません。コメントをいただければすぐに直します。

1回戦 紫L/紫1咲夜3 後手
相手は1枚目に《奇術「エターナルミーク」》。
こちらは手札にあるスペルが全て呪力3以下と軽い構成で、迷って《奇術「ミスディレクション」》で様子見。
すると《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》《傷魂「ソウルスカルプチュア」》と出てくる。
重たい展開なので、こちらは《幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」》で攻撃としてみる。
3点与えたところで《傷魂「ソウルスカルプチュア」》が起きて5点貰うが、どうにも呪力が足りなくて動きが鈍重なまま。
逆にこちらは重いスペルを1枚も引けなかったが、そのまま呪力差がイベントに繋がって押し切った。
相手は終局時に置いてあるスペルのうち、最低起動が《幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」》の3。これは苦しい。

2回戦 咲夜L/咲夜1魔理沙3 後手
相手1枚目に《恋符「マスタースパーク」》、2枚目に《星符「ドラゴンメテオ」》と動いてくる。
こちらは手に高速移動のスペルが無く、《パターン避け》もないので6点覚悟の《幻象「ルナクロック」》起動。
しかし相手に《高速詠唱》は無く、一安心。
《魔砲「ファイナルスパーク」》を置いて起動してエンドとされた。
とりあえず《幻象「ルナクロック」》で攻撃、《時間減速》を貼る。
その後は順当に《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》《時間減速》《時間停止》で抑え込んでほぼ完封勝利。
一度だけ《魔砲「ファイナルスパーク」》を食らうも、体力に10点近く差があったところなので焼け石に水。勝利。

3回戦 紫L/紫4 後手
相手1枚目《結界「夢と現の呪」》配置起動エンド。
2点貰って《幻象「ルナクロック」》。向こうは《式神:八雲藍》付けて3点2点の殴り合いへ。
はっきり言ってしまうと、この試合は99%負け試合でした。
《結界「夢と現の呪」》と《境符「四重結界」》を交互に起動、《八雲卍傘》で呪力をガンガン使って防御しつづける動きをされましたが、これは完全に相手の敗着だったと思います。
このため相手の《紫奥義「弾幕結界」》が安定するターンが遅れ、結果的にこちらの詰めが間に合ったので勝利という流れでした。
《結界「夢と現の呪」》VS《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》で相手パス、こちらもパスで命中判定→《結界「夢と現の呪」》ミスで3-0、さらにもう一発こちらのターンで殴って3-0というターンがあったのも救いでしたが。
割と忘れがちな「お互いパスルール」と「《結界「夢と現の呪」》は常時誘導弾ではない」の2つは忘れないようにしましょう。
詰めは相手の呪力が残り1、体力6のところで《咲夜の世界》使用、《傷魂「ソウルスカルプチュア」》攻撃、《紫奥義「弾幕結界」》迎撃、《パターン避け》*2+決死判定でかわしてもう一回《傷魂「ソウルスカルプチュア」》。

4回戦 紫L/紫4 後手
相手の1枚目忘れました。とにかくこの試合は相手のスペルカードが絶望的に止まっていました。
確か6枚で止まって、構成が《境符「四重結界」》+《式神:八雲藍》、《境符「四重結界」》、《結界「動と静の均衡」》、《結界「動と静の均衡」》、《罔両「ストレートとカーブの夢郷」》、《紫奥義「弾幕結界」》。
こちらは毎ターン滞りなくスペルカードを配置し続ける。
しかし、ここで問題が。
紫に《八雲卍傘》が付き、こちらの攻撃スペルの《幻符「殺人ドール」》が《境符「四重結界」》と相殺しあうという事態に。
相手はスペルカードが止まっているので、呪力を残すために《境符「四重結界」》の能力だけでがんばる展開でしたが。
毎ターン1点ずつ削り、時間が流れ続ける。
相手に呪力がたまり、ようやく《紫奥義「弾幕結界」》が起こせるようになったあたりでこちらも《傷魂「ソウルスカルプチュア」》で攻撃を開始。
2点バック3点の殴り合いになるが、こちらの手札には《最後の砦》が2枚と《咲夜の世界》が1枚。
場に《人符「現世斬」》もあるので、いざと言うときに体力を目標値まで削っておければこちらの体力は死ななければ問題はなし。
このままお互いジリジリ進んで、ラストは相手が《睡眠》で体力10に回復したところで、ドロー《時間停止》。
《紫奥義「弾幕結界」》に《時間停止》、《咲夜の世界》から《最後の砦》の《人符「現世斬」》と《傷魂「ソウルスカルプチュア」》で終了。

5回戦 霊夢L/霊夢3紫1 後手
相手1枚目に《神技「八方鬼縛陣」》。こちら適当なもの。もう1枚《神技「八方鬼縛陣」》を置いて起動してきた。
迷った末に《人符「現世斬」》。相手の呪力は足りない。
殴ってきて迎撃するとお互い命中、3-1。そして相手そのままエンド。スペル事故ってる。
こちらは相手に呪力が無いのをいいことに《人符「現世斬」》で殴る。
相手はスペルは無いが《天賦の才》がついた。
それでも《人符「現世斬」》で咲夜の能力を使って殴る。
そうすると《森羅結界》が貼られる。これは参った、当たらない…手札を見ると《幻符「殺人ドール」》がある。起動してエンド。
相手は2ターンスペルが止まって、それから2ターン連続で《夢符「二重結界」》配置。
どう見ても《幻符「殺人ドール」》の天下。思うさま蹂躙して勝った。

6回戦 霊夢L/霊夢4 先手
ついに先行が取れました。
こちらが《幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」》で殴り出し。
相手が《神技「八方鬼縛陣」》ときたので《人符「現世斬」》を合わせて殴り合いへ。
呪力が向こうも苦しいようで、決死判定の出るタイミングがなかなか起きない。
そうする間に相手が《逢魔が刻》配置ときた。
これで一気にこちらの呪力が楽になる。
咲夜を使っている方はご存知でしょうが、呪力なんて20点あっても即座に使いきってしまうのが咲夜クオリティです。
おかげで《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》と《幻符「殺人ドール」》の両立状態ができて有利へ…と思いきや、相手もさるもので《神霊「夢想封印 瞬」》と《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》が立ってきた。
霊夢4なので、とりあえずそれぞれに《時間減速》をつけるとなんと沈黙。
《天賦の才》がついた状態の《神霊「夢想封印 瞬」》は回避が5と、話にならない数字なので《傷魂「ソウルスカルプチュア」》の攻撃に転換。
そのまま殴りきって勝利。


優勝賞品にうどんげといううどんをいただきました。あと堕天の人の同人誌。
主催の神嶋氏とちか氏お疲れ様でした。
[PR]
by htm1216 | 2006-07-18 00:43 | 大会レポート
<< 蒲田幻想物語 使用デッキ&考察編 やはり必要 >>