《弾幕「パワーとプレイングの境界」》

レスを書いていたら長くなってしまったので、記事にさせていただきます。

>狐さん
その魔理沙は、基本的な動き方が間違っているのではないでしょうか?
少々気になったので、今日身内と魔理沙3霊夢1とレミリア3咲夜1で6回ほどプレイしてみました。
結果は6回とも先攻が勝つというお粗末な結果でした。
ですが、おっしゃるような展開の試合は1つもありませんでした。
《神罰「幼きデーモンロード」》はともかく、やはり《紅魔「スカーレットデビル」》は微妙ではないでしょうか。
《魔符「スターダストレヴァリエ」》との睨み合いになるのが目に見えているので、《神罰「幼きデーモンロード」》・《神術「吸血鬼幻想」》あたりが主力の動きが多く見られます。
特に《神術「吸血鬼幻想」》の制圧力は高く、これこそが魔理沙の最も苦手なレミリアのスペルではないかと感じました。
しつっこいようですが3ターン目の《紅魔「スカーレットデビル」》は、返しに《魔符「スターダストレヴァリエ」》が立つとそれだけで大幅に呪力を損するのでハイリスクすぎると思います。
私がレミリア側だったら、魔理沙に《魔符「スターダストレヴァリエ」》が置いてなかったとしても怖くて起こせません。
2ターン目の《神罰「幼きデーモンロード」》は動けるなら行っていいと思います。しかし魔理沙側もそれが迎撃できないというのはお粗末かなと。
霊夢1なら《夢符「二重結界」》で十分形になるでしょう。

疑問に思ったのは、「魔理沙は迎撃に呪力なんて残す余裕はない」といった論調です。
起こすスペルのなかに《星符「ドラゴンメテオ」》がありましたが、そもそも素ではレミリアに命中が期待できないので、6戦を通して全く起こす機会がありませんでした。
《博麗アミュレット》を引いても付けるのは《魔砲「ファイナルスパーク」》のみですし、何故そこに呪力を注がなければならないのかが謎です。
魔理沙に限らず呪力はできる限り無駄にしたくありません。
当たる期待が薄いスペルなんかに呪力は払えないと思うのですが、そういったことを考慮に入れても迎撃に回るのは微妙ですか?


なお、レミリア3紫1に関しては、魔理沙VSレミリアで「レミリアがやられたくないこと」を防止するための組み合わせなので魔理沙3霊夢1が負けるのはある種しょうがないかと思いました。
ですので全てのパターンに対して有利というわけではないですが、レミリアの主流と言えるであろうレミリア3咲夜1等に対しては《博麗アミュレット》は強力に働くというのが私の結論です。

ちなみに、当然ですが手札になければこれらの動きはできないので、できなさそうな動きをしていたら仕掛けることに意味はあると思います。
そのあたりの駆け引きは面白いですよね。
裏返すと、いかにもそのように動くことで相手を釣ることで有利に動くようにしたりすることが有効なプレイングという意味でもあります。
[PR]
by htm1216 | 2006-07-28 01:53 | 考察
<< 《体術「体で覚えた気合パターン... カウンター機能 >>