個人的評価

割とぶっちゃけた意見を投下してみます。

現実の大会環境は霊夢4、紫4が活躍しているのですが、1つだけ流行してない強デッキがあると考えています。
それが咲夜4。
前回の大会では《人符「現世斬」》に釣られたのと《幻在「クロックコープス」》を嫌ったのがあって妖夢1を混ぜて使用したのですが、後に《逢魔が刻》を突っ込んだ咲夜4で調整したところこれが馬鹿強い。
勿論《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》に依存するのでこれが引けないと苦しいわけですが。
《逢魔が刻》の呪力ブーストで咲夜の強力イベントが容易に使用できるようになるのが大きい。
苦手デッキは幽々子3。
Lv3以下で苦手だった紫戦は《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》をキッチリ引いて4ターン目くらいから殴り続ければ勝てるはず。遅れると発狂《紫奥義「弾幕結界」》で押し切られるのであながち有利とも言い切れないけれど十分戦えると考えています。

それから何度か言っていることなんですがスペルカードはフル投入で。
いくら《幻在「クロックコープス」》が弱くても削って21枚じゃ逆立ちしても回りません。
やたら21枚とか22枚のレシピを見るのですが、私に言わせればはっきり言って足りません。
スペルカードが止まって負けることはイベント引けなくて負けることよりもリスクが高いことです。
多種類のイベントを積むことでさまざまな場面に対応する、というのはこのゲームにおいて無為であると考えています。
なぜなら呪力の大半はスペルカードの起動および能力起動に使われるものであり、イベントの使用に連打できるわけではないからです。
回避系イベントでスペル起動の呪力をショートカットできるのは間違いないことですが、そのためにスペルを置かないターンができたら本末転倒なのです。





おまけ。

現状で私の感じている相性リスト。
参考になれば。

苦手メモ(左が使用キャラ、右が苦手キャラ)

霊夢:咲夜、紫(高命中)
咲夜:幽々子、紫(高防御力)
紫:魔理沙(貫通)
レミリア:霊夢(高回避)
幽々子:魔理沙、レミリア(高攻撃力)
魔理沙:霊夢(高回避)
妖夢:霊夢(高回避)、魔理沙(貫通)
アリス:幽々子、紫(サポート破壊)
[PR]
by htm1216 | 2006-08-08 03:03 | 考察
<< たまにはまったりとした記事 紫4優勝 >>