ふむ?

前回書いたことについて、いくつか思ったことを追記。

・公式の依頼であることが公式サイトに明記された
ということは公式がこれからこうする可能性がありますよってことです。
個人大会でやるってのにも大義名分も付いたしいいんじゃないでしょうか。
ま勿論これが最良の選択肢とは限りませんが…。
今回の趣旨はこっちじゃなくて次のこと。

・この影響で速攻が無くなる?
先手1ターン目にスペル起動する=半分勝ちみたいなのが少し緩和されるだけです。
これは私が前回の記事で速攻デッキへの打撃、とか書いたせい(かどうかは知りませんが)か、Lv1デッキへの被害が大きいと勘違いされている方がうどんげのコメントに何名か見受けられます。
そもそもLv1デッキって速攻なんですかね?
《支配するもの》を張って戦うデッキなのでむしろ不安定なゆったり系デッキという印象があります。
勿論Lv1スペルをさっさと起動して勝つパターンもありますが、それはLv1ならではの勝ちパターンではないでしょう。本来の持ち味を損なわないという意味で言えばこの改変はさしたる影響は無いかと。
Lv1を速攻という論を見る限り恐らく、と言うか確実に速攻の概念の違いはあると思いました。
ので私の考えを。

私の考えている「速攻デッキ」の代表格は紫L/紫1レミリア3、紫L/紫3レミリア1の2種です。
この2種はLv1デッキと違って「序盤で差をつけ、その後その差をさらに広げる」ことを主体としたデッキであると考えています。
勿論、それぞれのLv3デッキとしての強みもありとても強力です。
ですが、この組み合わせは呪力1/命中4のスペルを6枚積んで1ターン目に仕掛けることを前提としたデッキで、つまり先のルール変更がもろに影響するわけです。

ここから少々乱暴な話になります。
仮に《支配するもの》が先手とってスペル起動できなくなったから勝てないということならば、それはコンセプトである《支配するもの》があってもなくても同じ=コンセプトに問題があるということになりませんか?
先手とったら勝てるゲームだったからLv1デッキでも勝てたのに、先手で勝てなくされたら話にならない、という風にも感じられます。
これはつまり、いかなるデッキであれ先手を取れば勝ち後手を取ったら負け。デッキを作る楽しみもプレイングの楽しみも何も無く、ただのジャンケン・ダイスゲーとなってしまうわけで。
ならば、なおさら先手と後手のスキマを埋める努力は必要ではないでしょうか。

もちろん、最初に述べたとおりアレが最良の選択肢とは限りません。
どうしたらいいのかは議論、実践すべきところでしょう。
しかし先手と後手との格差を埋めるための何かをそもそも否定するところから始まってはいけないのではないかと考えます。
[PR]
by htm1216 | 2006-09-09 03:34 | 考察
<< 《後より出でて先に断つもの》 ルール改正案 >>