《後より出でて先に断つもの》

先手有利。これは間違いないことです。
では、どこがどのように有利なのか?
今回は、私の考えるところの先手の優位性を書き出してみます。

先手は呪力面で強いということが言われていますが、私はもう少し違う観点で見ています。
それは「先手が盤面の主導権を握っている」点です。
後手プレイヤーが何かの行動を起こし、それに先手プレイヤーが対応した行動を起こしたとき、先手プレイヤーには後手より1ターン分先のターンで行動を起こしたのと同じ状態が発生します。
とても分かりにくい表現ですねすいません。
先手+後手を1セットとして考えましょう。
例えば2ターン目後手にスペルを起動した場合、後手プレイヤーは2セット目に動いているのに対して先手プレイヤーは3セット目に動いています。
これにより呪力面で差が発生します。
先手からスペルカードを起動した場合、このセット間の呪力差というものは極端に大きなものにならず、その間に呪力やライフの差を発生させて後手が攻撃する機会を発生させることで、先手後手の差を埋めることが可能であると考えています。
序盤におけるこの主導権の差を埋めるにはどうしたらいいでしょう。
単純な呪力の差の結果生まれるものではないのですよね。
今の状態は、誰だって相手に振り回される後手を選ぶわけはないのでみんな先手をとりたがる状態です。
ですが後手にとって有利なファクターが出た場合、みんなこぞって後手を取りたがるようになるのがオチでしょう。
そもそもこの盤面の主導権、動き方によって今でも問題なく取り返せます。
一部のデッキがこれを取り返させること無く勝利してしまうので、それの是正としての今回のルール改正がされたのではないかと考えます。

先手後手のどちらが有利か?といわれてこれがどっちを取るかデッキによって違う、という風になれば理想的だとは思います。
ですが、私のプレイしているTCGのうち、リーフファイトを除く全てのゲームにおいて先攻は後手よりも有利です。
大抵のゲームは先手有利で、それでも問題ないのです。
それを覚えていただければいいかなと思います。
[PR]
by htm1216 | 2006-09-12 04:12 | 考察
<< 第2回蒲田幻想物語 ふむ? >>