第2回蒲田幻想物語

参加してまいりました。以下対戦レポートになります。

使用デッキは咲夜単。
今回の特殊ルールに基づくと同系は多かろうと推測し、《逢魔が刻》1枚を《毛玉》に差し替えて出場です。

1回戦 紫L/紫1幽々子3/後手
超苦手デッキにしかも後手です。1ターン目に《結界「夢と現の呪」》といわれないだけマシですが。
相手呪力3スペルがゴロゴロ。こちら《幻符「殺人ドール」》《幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」》《傷魂「ソウルスカルプチュア」》といった展開へ。
相手が3ターン目に《幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」》を起動してきたので返しに《幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」》起動+《時間減速》といってみる。
これが功を奏し、《幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」》VS《幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」》で2点ずつの削りあいになる。
ただし呪力的にはこちらがかなり不利。こちらが後手なのに攻め手側として動いているから当然。
《「反魂蝶」》に《悉皆彷徨》が付いて起き上がり、6点殴られる。とても痛いが相手の呪力もこれですっからかんになったのでまだわからない。
《傷魂「ソウルスカルプチュア」》を起こしてアタック、《幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」》迎撃に《パターン避け》+決死判定でダメージを稼ぎ、最終局面で《咲夜の世界》《離剣の見》で詰めきった。
《幽明境を異にする》が飛んでこなくて助かった、というか打つ気が無いような呪力の使い方をしてたような気がします。

2回戦 レミリアL/レミリア3咲夜1/先手
これも苦手な部類。しかし先手を取れたのは大きい。
《幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」》《奇術「ミスディレクション」》《幻符「殺人ドール」》《奇術「エターナルミーク」》な感じに進む。
相手は2ターン目に《瀟洒な従者》を使って《幻象「ルナクロック」》サーチ。
こちらには上記の通り《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》も《幻象「ルナクロック」》も無い。
レミリア相手にこの状態では半分負けだが足掻いて色々仕掛けてみる。
《瀟洒な従者》されたターンに《幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」》起動、返しに《幻象「ルナクロック」》、攻撃→《パターン避け》→《離剣の見》とされてお互い命中。
その後1回《幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」》VS《幻象「ルナクロック」》をやった後、《「紅色の幻想郷」》登場。
《サーヴァントフライヤー》が付いてこなかったので《時間減速》を打つがこちらの呪力が残り1になってしまう。相手は嬉々として剥がして《パターン避け》で呪力差がチャラに。
ここから後は《時間停止》などで足掻いてみるものの紛れは起こせず、敗北。

3回戦 魔理沙L/魔理沙3アリス1/先手
相手が1ターン目に《恋符「マスタースパーク」》と来たので、2ターン目に《奇術「ミスディレクション」》を起動してみる。
《星符「ドラゴンメテオ」》配置エンド。2点殴って返しのターン、こちら呪力3あるので《高速詠唱》はできない模様。
代わりに《拝借》。手札の《毛玉》と《咲夜の世界》を見比べて《毛玉》を抜かれる。
そして《光符「アースライトレイ」》起動してエンド。
んじゃさっさと使おうということで《咲夜の世界》で4点刺しておく。今考えるとかなりの駄プレイ。
《光符「アースライトレイ」》の攻撃を通すと相手は悩んで《恋符「ノンディレクショナルレーザー」》起動ときた。
迎撃に使えるスペルが無いのは確かだがアレは苦しすぎるだろう。
殴らずエンドすると《恋符「ノンディレクショナルレーザー」》で殴られたので迎撃。2枚削れたのが《魔空「アステロイドベルト」》*2とか超強い。
相手ゲンナリしてターンを回される。
《奇術「ミスディレクション」》が相手の攻撃スペルを全て決死できるので丁寧に場を作りつつ、《恋符「ノンディレクショナルレーザー」》の迎撃をかわせる《幻符「殺人ドール」》で殴り続けて終局。

4回戦 咲夜L/咲夜3レミリア1/後手
初手、《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》《幻符「殺人ドール」》《奇術「ミスディレクション」》《時間減速》《毛玉》、ドロー《幻符「殺人ドール」》。
勝った。

というのはやりすぎなので詳細。
相手が《天罰「スターオブダビデ」》と言ってきたので《幻符「殺人ドール」》を返し、その返しの《幻象「ルナクロック」》にはターンエンドを返す。
《幻象「ルナクロック」》アタックを迎撃し、1点もらって《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》+《毛玉》、《時間減速》を《天罰「スターオブダビデ」》へと動く。
相手は悩んで《幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」》起動、《サーヴァントフライヤー》付けてエンド。
《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》アタック、《天罰「スターオブダビデ」》迎撃、3-0。
《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》起動してエンド。
《幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」》VS《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》で相手痛恨の「ありません」の一言。ジャッジに一応尋ねると申請却下、3-0となる。
相手も《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》を起動。さらに《幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」》起動。
《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》VS《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》なら、呪力をつぎ込んだ分だけ有利になるこちらが強い。
次のターン、相手は少考して投了。

5回戦 紫L/紫4/先手
すいません、スタートラインである《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》が引けませんでした。
流れはこんな感じ。

《奇術「ミスディレクション」》→《結界「動と静の均衡」》
《幻符「殺人ドール」》→《境符「四重結界」》
《幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」》、《幻符「殺人ドール」》起動→《結界「夢と現の呪」》起動
《幻符「殺人ドール」》VS《結界「夢と現の呪」》、《パターン避け》に《離剣の見》をあわせる。《奇術「エターナルミーク」》配置。《幻符「殺人ドール」》。
《結界「生と死の境界」》配置。《結界「夢と現の呪」》。
《幻符「殺人ドール」》VS《結界「夢と現の呪」》、《パターン避け》に咲夜能力をあわせる。呪力2しか残らず、《境符「四重結界」》があるので起こせない。
イニシアチブとられると話にならないので《結界「夢と現の呪」》に《時間減速》。
スペルはここで止まってエンド。
相手少考して《睡眠》。稼いだダメージが帳消しに。
《幻在「クロックコープス」》ドロー。《幻符「殺人ドール」》起動。さらに《毛玉》も付ける。
《紫奥義「弾幕結界」》がついに来る。
ドロー《幻在「クロックコープス」》。《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》はまだですか?
《時間停止》を使って削る。
《紫奥義「弾幕結界」》。
ドロー《離剣の見》。また止まった。《時間停止》して殴る。
《紫奥義「弾幕結界」》。
ドロー《時間減速》。殴れないので《時間減速》付けてエンド。
ここで相手《逢魔が刻》展開。そして《睡眠》。またライフで追いつかれた。
やっぱり殴れない。スペルも無い。
《紫奥義「弾幕結界」》パンチ、能力起動で6-0。《紫奥義「弾幕結界」》を2枚立ててエンド。
こちらドロー…《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》は来ない。ここでライフが19対13なので間に合わないことが確定し、投了。

以上3-2でした。
やはり、良くも悪くも咲夜は《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》が無いと苦しいですね。
上位デッキレシピのアップを適当に期待しながら今回のレポは〆とさせていただきます。
[PR]
by htm1216 | 2006-09-17 20:57 | 大会レポート
<< 《第2回蒲田幻想物語 考察ノ巻》 《後より出でて先に断つもの》 >>