《第2回蒲田幻想物語 考察ノ巻》

上位レシピ公開されましたので考察をしてみようかと。

とりあえず先に例の議論対象だった奴についての感想ですが、「大勢に影響なし」が大半だったとされています。
1ターン目に起こすことでワンサイドゲームを作り出す、というデッキは数が多くなかったということでしょうか。
相手に先手ゲーをされなかったことで圧勝した(と思われる)試合が1つ思い当たりますし、影響がないってのは言いすぎかなとかなんとか。
…ああはい、それは咲夜だからです。石を投げなくても分かります。
1ターン目《天罰「スターオブダビデ」》には対応できなくても、2ターン目なら《幻符「殺人ドール」》で対処できるというのは明らかなハンデです。
言い換えるとこのルールは咲夜にものすごく有利です。
紫、幽々子主力のデッキも楽になることはあるでしょうが、紫は呪力1スペルの存在により序盤がそこまで無理ではないこと、幽々子はこのルールでも序盤の攻撃への脆さは残り続けていることを、それぞれ考えると咲夜へのメリットだけが大きいのかなと思いました。
元々後手からでもひっくり返せる要素の大きい咲夜には、この微細な変更で十分恩恵があるということは…恐らく効果のある変更ではあるのでしょう。
しかし分かりやすく感じられるほど大きくも無い。
あまり大きな変更をすれば先手ゲーが後手ゲーになるだけ…。
変更に関する、胴元の判断が気になります。

では上位8名のデッキレシピについて。
…といいましてもそろそろ皆さん煮詰まってきているようです。

霊夢3紫1。そういえばこの形が優勝って初めて見た気がします。
タイチョさんはスペルを少し絞って都合のいい引きをすれば勝てる構築。
シャアさんは扱いやすい(?)呪力4攻撃4命中4である《式神「八雲藍」》を入れた形…といっても起動してないらしいのですが。
ただ、霊夢にとってこの攻撃力は実は使いやすいのかもしれません。かも知れない程度ですが。
こちらにも《先読み》が1積み。どうも、霊夢はデッキアウトを睨んだ構築をしたほうがいいようです。

レミリア3咲夜1。レミリアが出てきました。最近めっきりいなくなって嬉しかったのに。
罪悪さんの構築は安定。《瀟洒な従者》が2枚と、序盤の安定性を高める構築です。
体力の低さを高低速1スペルサーチで補うのが基本で、呪力が安定したら《「紅色の幻想郷」》というパターン。
光星さんの構築はやや迷いの見える尖り構築。《ピンポイント》を入れるなら《必殺「ハートブレイク」》3の方が安定するかも?
また、《必殺「ハートブレイク」》を見るならやはり《亡き王女の為のセプテット》0は勿体無いかも。
どちらにせよ《「紅色の幻想郷」》で殴りだしたら止まらないので、細かいところは気にしなくてもいいでしょう。

ケイゴさんは紫1幽々子3。初期の大会でよく勝ちあがっていた組み合わせですが、最近こちらも聞かなかった気がします。
《死蝶「華胥の永眠」》+《蝶弾》による封殺と、《悉皆彷徨》+《死蝶「華胥の永眠」》/《幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」》の2つを主力としたデッキですね。
《神隠し》が1枚に減っていますが、サポート中心のデッキは《暴食》2枚で押し切れるということでしょう。

咲夜単。《逢魔が刻》型と《森羅結界》型の2つがそれぞれ勝ち上がっています。
《森羅結界》に入っている《毛玉》は私も1枚挿してみました。これはかなり面白い動きをしそうです。
相手からの妨害サポートを止められることが最大のメリットです。次点はミラーマッチにおける強さですかね。

弥一郎さん。言わずもがなの紫単でした。
《睡眠》3で《紫奥義「弾幕結界」》まで粘ろうという構築ですね。
これは咲夜4に対する素晴らしい回答ではないかと思います。


入賞デッキをざっと眺めると全て咲夜4に対して強いな、とか思ってしまうのは私が咲夜で出たからなんでしょうね。
とりあえず、週替わり幻想定食によると咲夜は最多でしたのでこれらが勝ったのはなるほどと思います。
あと1試合あったらどうなっていたかちょっと気になるところですが…。
階段で咲夜単VSレミリア3咲夜1紫1幽々子3、咲夜が負けて5回戦終了でしたので6回戦があったとしたら霊夢3紫1VS咲夜単。
普通に回りあったら霊夢3紫1の勝ちかなと思います。
勿論勝負にはアヤが付きまといますので、一概には言い切れませんが。
霊夢3紫1VS咲夜単
咲夜単、レミリア3咲夜1、紫単、紫1幽々子3、霊夢3紫1で2つ組み合わせて1つ階段
となると咲夜単が沈んで入賞はマッチ相性ごとでブレますが紫単は割りと鉄壁の入賞かなとか妄想。
勝負にたらればをする意味はないのでそろそろ止めましょう。

次回大会は10月中旬以降となっているようです。10月からは全国大会権利争奪?
冬に2.0ということならこれは最高潮に盛り上がる流れですね。
実に楽しみです。
[PR]
by htm1216 | 2006-09-18 16:40 | 考察
<< 第二幕、公開 第2回蒲田幻想物語 >>