蒲田幻想物語3レポート

ろくに大会に参加しませんが毎回これには出ています。ホントイです。

使用デッキはいつものように咲夜3妖夢1です。
今回、実はレミリアを使ってみようかと思っていたのですが最近のメタの紫1レミリア3に対抗できる《獄界剣「二百由旬の一閃」》を使ってみろよと悪魔のささやきを受けたのでこれで。
レシピは例によって次の記事で紹介します。

1回戦 紫L/紫Lv4 先手 ×
初手に《幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」》なし、どう攻めたものかと思いながらスペル配置。
すると、後手2ターン目に《結界「夢と現の呪」》を起動される。
返しに《獄界剣「二百由旬の一閃」》を立ててみると相手迷って決死せずこちら1点相手2点。
次に《罔両「ストレートとカーブの夢郷」》を立てられる。
こちらは《幻象「ルナクロック」》と《幻符「殺人ドール」》で迎撃+攻撃の形を整える。
迎撃2点、攻撃3点、相手のターンで《紫奥義「弾幕結界」》起動。
返しに《人符「現世斬」》を起こしてターンを渡すと、《結界「夢と現の呪」》で殴られる。何故《紫奥義「弾幕結界」》じゃないのかと訝しむものの、素直に《幻符「殺人ドール」》で受けて2点ずつ。
そして《ネクロファンタジア》を置かれる。
お互いの場のスペルを確認。

相手:Lv1が4枚、《紫奥義「弾幕結界」》、《結界「生と死の境界」》
自分:Lv1が4枚、《幻符「殺人ドール」》2枚

はい。これは相手もつらそう。でもこっちの方がめちゃくちゃ厳しいです。
参ったなぁ、と思ってドローすると光り輝く《傷魂「ソウルスカルプチュア」》。
《紫奥義「弾幕結界」》を《幻符「殺人ドール」》で受けて、次から《傷魂「ソウルスカルプチュア」》で殴ることに。
相手は《境符「四重結界」》を置いて守りに徹してくる。
呪力が割りとカツカツなので、こちらの《時間停止》を警戒してか《紫奥義「弾幕結界」》は起こされない。
ひたすら《傷魂「ソウルスカルプチュア」》で殴り続けて体力3にしてターンを渡す。当然《睡眠》されて、こちらのターンへ。
手札が《パターン避け》《咲夜の世界》《咲夜の世界》、呪力が15点。
相手の場に《境符「四重結界」》《境符「四重結界」》+《式神:八雲藍》、《八雲卍傘》、呪力4。
《咲夜の世界》使って《傷魂「ソウルスカルプチュア」》攻撃、《パターン避け》+決死でかわす。
相手は《八雲卍傘》つけて防壁3で2点、もう1発殴って合計5点削って振り出しに戻す。
2枚目の《幻符「殺人ドール」》を立ててエンドとして、次のドローに賭けることに。
返しにさっきと同じ2枚の《境符「四重結界」》を立てられてターンが回り…こちらのライフは4。
ドロー。スペルカード。
いや、もしかしたら相手の手札に《式神強化》はないかもしれない。《咲夜の世界》使って《幻符「殺人ドール」》攻撃。
当然《式神強化》されてバックダメージで死亡。《最後の砦》が欲しかった。

2回戦 紫L/紫1幽々子3 先手
2ターン目に《人符「現世斬」》、返しに《結界「動と静の均衡」》で3点2点。
そして《幻符「殺人ドール」》を起動。《結界「夢と現の呪」》で3点1点。
もういっぺん起動すると《幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」》と《結界「夢と現の呪」》を立てられた。
呪力めいっぱい使って厳しそうなので、こちらから殴らないで待ちのポーズ。
《幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」》パンチ《幻符「殺人ドール」》受けで2点3点。相手もお付き合いして起こさないでこちらのターンへ。
《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》を立ててターンを返す。
《結界「夢と現の呪」》パンチ迎撃。

相手「パスで」

ということでかわして殴って一気に6点削る。
あとはそのまま《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》《幻符「殺人ドール」》《人符「現世斬」》の3枚を並べて《幽明境を異にする》でスキを突かせないまま勝利。

3回戦 レミリアL/レミリア1霊夢3 後手
《必殺「ハートブレイク」》《必殺「ハートブレイク」》《紅符「不夜城レッド」》《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》と並ぶ相手。
先手4ターン目に《天賦の才》貼られてレミリア回避4決死2になる。
こちらは《傷魂「ソウルスカルプチュア」》《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》《獄界剣「二百由旬の一閃」》《幻符「殺人ドール」》と並び、後手4ターン目に《傷魂「ソウルスカルプチュア」》を起こす。
相手悩んで《神霊「夢想封印 瞬」》配置して《神霊「夢想封印 瞬」》と《紅符「不夜城レッド」》を起こしてエンドときた。
《傷魂「ソウルスカルプチュア」》パンチ《紅符「不夜城レッド」》受け、《天賦の才》起動されたので《パターン避け》でかわし、5点刺す。
別の迎撃スペルを立てるか少々悩んだものの、《傷魂「ソウルスカルプチュア」》以外を立てても回避系イベントでかわされるだけと判断して呪力を残したままターンを渡す。
《神霊「夢想封印 瞬」》を受けて2点返す。相手はスペルが起きない。
むしろスペル置かないでこちらのターンへ。
《傷魂「ソウルスカルプチュア」》起こす。相手悶絶して《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》立ててくる。
ターンドロー《時間停止》。使って5点。
次のターン《神技「八方鬼縛陣」》を引かれて配置されるも、そのまま《傷魂「ソウルスカルプチュア」》で殴り続けて勝ち。

4回戦 紫L/紫1霊夢3 後手
相手が3ターン目にスペル供給ストップ。
後手4ターン目に慌てず騒がず《傷魂「ソウルスカルプチュア」》を起こす。
必死に《夢符「二重結界」》、《大結界「博麗弾幕結界」》、《結界「夢と現の呪」》で守られるものの、スペルが止まりすぎたため相手の呪力が根本的に足りない。
《パターン避け》でダメージを稼いで、殴ってくる《結界「夢と現の呪」》を本体受けとかしながら《傷魂「ソウルスカルプチュア」》だけで殴り続けて勝ち。
さすがにあれだけスペル止まるのは無理。

5回戦 妖夢L/妖夢3咲夜1 後手
相手1ターン目に《奇術「ミスディレクション」》配置。
《人符「現世斬」》で真っ二つにしてやろうとしたら失敗。しょうがないのでスペル配置していく。
3ターン目に《人符「現世斬」》といわれる。
返しに《幻象「ルナクロック」》を立て、攻撃用に《幻在「クロックコープス」》も立てる。
《人符「現世斬」》を受けるとなぜか《ピンポイント》といわれる。こちらの呪力は決死できないのに。
これが3ターンの間、《ピンポイント》《離剣の見》《ピンポイント》といわれ続ける。
こちらの《幻在「クロックコープス」》は相手の迎撃が2以上なかったので3点ずつ削っていき、相手の攻撃にあわせていた《幻象「ルナクロック」》と合計で5点こちらに3点が続いてそのまま決着へ。
こちらに呪力がないのは分かっていたんだから、命中補正イベントに呪力を注ぎ込まなければまだ勝負の行方は分からなかった。

ということで4-1でした。
入賞賞品は身内でブームになってる孤独のグルメをゲット。詳しくはぐぐれ。
[PR]
by htm1216 | 2006-11-27 01:00 | 大会レポート
<< 全国決勝大会レポート 蒲田幻想物語3レシピ >>