蒲田幻想物語4レポート

2.0出てから初めての大会出場です。
何を使うか迷った末に、咲夜ではなく霊夢3紫1を使用しました。
デッキレシピは下の記事または幻想風来うどんげnewsをご覧ください。

1回戦 鈴仙L/鈴仙1霊夢3 後手
前日にデッキ相談に乗ったチームメイトの光星氏にマッチング。
正直これはひどいマッチングだと思いつつも、対策カードが多く入っているだけこちら有利なのでよしと思うことに。
しかし思うようにカードが引けず、お互い《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》が当たらない状態になってターンエンドを繰り返す場に。
こちらは《幻想結界》を《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》につければ鈴仙のリーダー能力を使えなくなるので、その場を作れればいいはずなんですがデッキの奥底に眠らされていました。
引けた頃には時間がなくなってました。
引き分け。
宴で引き分けたの初めてな気がします。

2回戦 魔理沙L/魔理沙3咲夜1 後手
1ターン目に《魔符「スターダストレヴァリエ」》を起こされ、返しに呪力1スペルがない。
放置して後手3ターン目に《神霊「夢想封印 瞬」》を起こす。
相手の場《魔符「スターダストレヴァリエ」》《恋符「マスタースパーク」》《魔砲「ファイナルスパーク」》。
ゲームが終わるまで《神霊「夢想封印 瞬」》が殴って勝ち。

3回戦 輝夜L/輝夜1パチュリー3 先手
適当にスペルを並べる。相手の場に《水&火符「フロギスティックレイン」》《金符「シルバードラゴン」》《水符「プリンセスウンディネ」》と並んでこちら《神霊「夢想封印 瞬」》まで待つか《神技「八方鬼縛陣」》で殴るか悩む。
結局後者を選択して殴り。
相手は《水&火符「フロギスティックレイン」》。2回ほど戦闘した後《神霊「夢想封印 瞬」》に切り替えると、相手に《貧血》をこちらにつけて《日符「ロイヤルフレア」》+《小悪魔》と斬り返された。
こいつは参った。しかたなく《神霊「夢想封印 瞬」》で殴って呪力3点支払う。
《日符「ロイヤルフレア」》がどうしようもないので《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》を立てて回避のポーズ。
かわせるはかわせるものの手札がスカスカになっていくのでかなり苦しい。
攻撃と迎撃を両方《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》に任せられないので、《神霊「夢想封印 瞬」》も起こさなければならない。《貧血》がものすごく苦しかった。
それでもじわじわと呪力と場を整えて粘り、ラストまでかわし続けて押し切り。
相手のデッキに入っていたのが《魔法書》じゃなくて《ピンポイント》だったら負けていた。

4回戦 魔理沙L/魔理沙3咲夜1 先手
相手が《魔力結晶》を1回も使わなかった。そして《神霊「夢想封印 瞬」》と《夢戦「幻想之月」》で押し切った。
《天賦の才》《夢戦「幻想之月」》で回避5とか本当に強いですね。

5回戦 アリスL/アリス2パチュリー2 先手
相手はスペルが4枚で止まったものの、《上海人形》をつけて《咒詛「魔彩光の上海人形」》を立ててきたので《神隠し》。
相手はここぞとばかりに《錬金術》《人形生成》で《ストロードール》を3枚そろえようとしてきたが颯爽と《神隠し》。
以下《神技「八方鬼縛陣」》と《神霊「夢想封印 瞬」》で押し切り。

霊夢は書くこと少ないですね。
いや、咲夜が書くこと多すぎるだけなんでしょうか。そんな気がします。
霊夢超簡単。

トータル4-0-1で2位入賞。
前回もそうですが、俺はサブマリン入賞が好きなんでしょうか。
ちなみに次はきっと霊夢じゃないのを使うんではないかと。
そもそも次はいつでしょうね。
[PR]
by htm1216 | 2007-01-08 00:52 | 大会レポート
<< 食わず嫌い防止月間 蒲田幻想物語4レシピ >>