食わず嫌い防止月間

あまり魔理沙を真面目に使っていなかったのですが、2.0になっていい加減やってみようと思います。
それでどのタイプがベストなのかを考えてみる。
リーダーは基本的に魔理沙。《ミニ八卦炉》が使えるので殆ど大前提。
但し、蒲田4で御影さんが使っていた紫Lの《Lunatic》デッキは別物ですが。
あれ俺昔使ってみて魔理沙ミラーで弱すぎるから厳しいんじゃないかと思ったのですが、ミラーマッチはなかったんでしょうか。

さておき。

・咲夜1
《離剣の見》《幻象「ルナクロック」》《奇術「ミスディレクション」》が優秀。
但し魔理沙の決死判定が4なので回避4はあまり強くない気もする。
どちらかというと《幻象「ルナクロック」》のように軽くて強い迎撃スペルがあることが重要なのか。
咲夜Lだったら簡単だったんですがそれでは本末転倒なので…。
蒲田4の結果を見ると、魔理沙のスペルカードは22~23が多いようです。
なのでそれを踏まえて咲夜1のイベント・サポートスロットを考えてみます。

3《離剣の見》
3《ピンポイント》
3《魔力結晶》
3《高速詠唱》
3《ミニ八卦炉》
2《疾風怒濤》

これは霊夢メタというか咲夜1のメリットを最大限に生かした形というべきかも。
ミラーマッチや、回避2とマッチングしたとき6枚も腐るカードが存在することを考えると難しい。
メタの置き所次第。

・霊夢1
実は《博麗アミュレット》が必要な場面は激減したと思われます。
よって1.0タイプではよく見られたこのパターンは微妙かもしれません。
ただし美鈴と咲夜には効きますね。
美鈴は場を作られると死にますが、蒲田にはいなかったっぽいので今のところはあまり考えてもしょうがないかなぁとか。

・妖夢1
《半幽霊》《獄界剣「二百由旬の一閃」》の2種が目当て。
あとこのタイプはミラーに強く作ることも可能。

3《パターン避け》
2《かすり避け》
3《魔力結晶》
3《高速詠唱》
3《ミニ八卦炉》
2《半幽霊》
2《疾風怒濤》

命中補正は《ミニ八卦炉》《半幽霊》だけに任せて、回避力を上げた形。スペル22だけど。
詰めの《疾風怒濤》を《パターン避け》されても泣かない。
回避2増えてるのと、新規イベントの追加で《パターン避け》が減少傾向にあると読むならこういう形も悪くない。はず。
《半幽霊》は霊夢と同じく回避型のデッキである鈴仙に有利になるカードなので、「俺は霊夢には当たらない」と言い張るのも一興。

自分で使うなら妖夢型かも。
勿論《ピンポイント》入れたり外したり色々しますけども。
それにしても、イベントスロットが随分多様性を増したので1.0に比べると読みが効きづらくなった感がありますね。
[PR]
by htm1216 | 2007-01-08 13:16 | 考察
<< マナーについてちょっとした苦言 蒲田幻想物語4レポート >>