2強デッキだってさ

公式によくあんな怨念のこもった応援を送れるなぁと感心する次第です。
いくつか。

・アリス
×弱い
×強い
○相手次第
実際、咲夜3妖夢1では勝てません。アレは元来メタカードの束みたいなデッキなので、想定外の相手は大体苦手ですんで当たり前ですが。

ていうか、強かろうが弱かろうが好きなら使えばいいでしょう。
逆に、勝ち負けにこだわるならキャラが好きとかそういうのは切り捨てるべき。アリスで勝ちきれると考えるなら使えばいいし、他のデッキの方が勝てると思うなら使えばいいわけです。
愚痴るのはまぁ否定しませんが、多くの人の目に止まる公式に愚痴を垂れ流すのは本気で正気を疑う。

・紫、魔理沙っていうか公式のレス抜粋
>結局八雲か魔理沙の全盛期が続くだけかよ・・・もう貫通無しのキャラ愛デッキはプレイすんなってことか

ファンデッキプレイヤーはファンデッキプレイヤーでありだと思います。
例えば、美鈴1・パチュリー1・咲夜1で《猛攻》するデッキならばコンセプトデッキとして充分成り立ってますよね。
そして余った1レベルに何を入れて欠点を補うかが問題になるわけです。
命中が足りない、貫通が足りない、序盤の攻撃力が足りない、体力が足りない…etcetc...
こういうところで考えてこそファンデッキじゃないのかと。
その組み合わせを最大限に生かすことこそがキャラへの愛、デッキへの愛じゃないのかと。
単純に何も考えずに好きなキャラだけでデッキ組んで、ろくに対策もしてないで「あれに勝てないこれに勝てない」と公式に文句を言うような輩はどっかいけ。
対策をして勝てないなら自分のプレイングを見直すべき。

そもそも、紫にせよ魔理沙にせよ最強とかありえないわけで。
魔理沙はエラッタ前は最強に近かったようですが、それでも全力で対抗すればなんとかなったでしょう。
今となっては何をかいわんやですね。
紫に至っては、最強なんて時代はありません。防壁が強いなら貫通すりゃいいじゃない。
使いたいデッキに貫通が無い?ならば妖夢1と《ピンポイント》でも入れればいい。
使いたいデッキの組み合わせにレベル余裕が無くて、貫通が逆立ちしても入らない?
ならば、紫相手はあきらめる。代わりに他のデッキには勝てるようにする。
他のデッキに勝てるなら、苦手デッキさえ踏まなければ優勝できるのです。

公式見てると勘違いしてる人間はちらほらいるようですが、「全てのデッキに有利なデッキはない」のです。あったら全員それ使います。むしろゲームが壊れてます。誰もやりませんよね、そんなゲーム。
宴はそんなクソゲーではありません。
クソゲーならもう私はやってません。

もっとみんな頑張れ。
[PR]
by htm1216 | 2007-07-10 05:13 | 考察
<< ミント休日大会・使用デッキレシピ 蒲田幻想物語6レポート >>