ミント休日大会・使用デッキレシピ

《永久に輝け、夜空の月よ》
輝夜L/輝夜4
SpellCard-23
3《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》
3《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》
2《難題「燕の子安貝 -永命線-」》
3《新難題「月のイルメナイト」》
3《新難題「エイジャの赤石」》
3《神宝「蓬莱の玉の枝 -夢色の郷-」》
3《新難題「金閣寺の一枚天井」》
3《「永夜返し」》
EventCard-11
3《全方位攻撃》
3《ピンポイント》
3《満月光線》
2《不老不死》
SupportCard-6
3《世明け》
3《姫を隠す夜空の珠》

概ね普通の輝夜4だと思いますが、いくつか特徴というかあまり見られないカードについて。

・《難題「燕の子安貝 -永命線-」》
これ強いですよ?
輝夜の問題点はいくつかありまして、その中でも「受けと攻めの両方をこなせるカードの不足」はかなりの頭痛の種です。
呪力に糸目をつけないのであれば《神宝「蓬莱の玉の枝 -夢色の郷-」》、《「永夜返し」》がその仕事をしてくれるのですが、そうした場面より呪力の辛い状態ではこれがあるのとないのとでは大きく異なります。
このスロットには《難題「火鼠の皮衣 -焦れぬ心-」》がよく見受けられますが、このデッキは2ターン目にスペル起動は殆どしないので使いません。
よってこのスペルが入るのです。

・《穢き世の美しき檻》の不在
いりませんこれ。
Lv2なら使えるカードと思いますが4でこんなもん入れるスペースないと思います。
確かに相手の呪力をロックし続けた上でこれを使えば直撃を取れますが、打点ブーストのできないLv4でこれを使っても詰めに繋がらないのです。
加えて、結局《新難題「エイジャの赤石」》と《「永夜返し」》でしか攻撃しない=防壁持ちで攻撃する、ということでこのカードが要求されることはないのです。

・《世明け》
もうなんというか、個人的にはこれ書かなきゃならないのがものすごい違和感が。
このカード馬鹿にしてる人多すぎなんですよ。
勿論、強いスペルに付けることで相手の起動・戦闘呪力に制約をつけるのも強いんです。
が、本当の仕事は寝てるスペルに付ける事です。
発生呪力の縛りは、たとえ呪力1であろうと強いんです。
最強スタートは先手2ターン目《満月光線》、3ターン目《世明け》、5ターン目《「永夜返し」》。
「呪力追加4点支払えば戦える」というのは強がりです。
ただし欠点としてつけたターン以降、ターンが経過すればするほど強いカードなので、必然的に中盤以降に引くと最初に評価したほどの仕事はできないのは確かです。
しかし、《「永夜返し」》と呪力制限カードの組み合わせはやはり強い。よって3枚なのです。

ちなみに《竹取飛翔》でなく《姫を隠す夜空の珠》なのは、苦手なパチュリー潰しになるからです。
命中補正を少し減らして《竹取飛翔》を入れてもいいかもしれません。
[PR]
by htm1216 | 2007-07-17 03:25 | デッキレシピ
<< ミント休日大会・レポート 2強デッキだってさ >>