蒲田幻想物語7

出てきました。のでレポート。
しつこいようですが輝夜はあんまり書くことがないんですが…。
ということで使ったのは輝夜4です。
それにしても《「永夜返し」》ってどこにいたんだろう?

1回戦 輝夜L/輝夜4 後手
相手は《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》を1枚だけ引いてました。あと《「永夜返し」》。
こっちは《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》2、《新難題「エイジャの赤石」》2、《世明け》を序盤に2枚、途中でもう1枚。
…相手は《新難題「エイジャの赤石」》も《世明け》もありませんでした。
相手の《「永夜返し」》を受けるのに少々てこずりましたがそういう問題じゃなくフルボッコに。

2回戦 咲夜L/咲夜3妖夢1 先手
《人符「現世斬」》、《獄界剣「二百由旬の一閃」》と置かれる。とりあえず《世明け》を《人符「現世斬」》に。
相手はわかってましたよ、とばかりにもう1枚《人符「現世斬」》を置いて起動。返しに《世明け》をつけると大変ゲンナリ。
まぁどうみても勝ちペースなんですけど…。
3ターン後にスペルストップ。は、まぁいいとしましょう。でもLv3スペルというか《「永夜返し」》が無い。
そしてその間に、相手に態勢を整え返されて不利に。
結局終局までジリ貧のまま押し切られるコース。
どうにも手札の中でできることが少ないので、こういう状況になるとどうしようもないんですよね。
言い訳がましい。

3回戦 輝夜L/輝夜4 先手
2ターン目《難題「火鼠の皮衣 -焦れぬ心-」》、返しに《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》。殴るとスルーされる。《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》引いたので起こして受け。相手は受けに《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》を起こしてきて、そのまま泥沼の殴り合いに。
最終局面で相手がうっかり《穢き世の美しき檻》を余計なところで使ってしまい、その結果こっちが《新難題「エイジャの赤石」》2つ起こしてギリギリのダメージレースを制して勝ち。
ちなみにこの試合も《「永夜返し」》引かず。

4回戦 妖夢L/妖夢2鈴仙2 後手
スペルが止まってしょうがないので《世明け》、《世明け》、《世明け》と言って形だけ作って負け。
《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》はあったものの《楼観剣》の付いた妖夢スペルにはボコボコにされざるを得なかった。
《楼観剣》と言われてる段階でわかる話ですが《「永夜返し」》はなし。

5回戦 紫L/紫1鈴仙3 後手
今までの鬱憤を晴らすかのようなブン回りして勝ちました。
《神隠し》で割られない《竹取飛翔》って強いですね。
《「永夜返し」》2枚と《竹取飛翔》で呪力を完封して勝ち。
やっと想定どおりの場を作れた。

Lv4だと波が激しすぎるのか、どうも安定しませんね。
去年咲夜単使ったときも似たような感触だったんですけどw
5試合でまともに《「永夜返し」》引けたの1試合だけとかいかがなものか。
てか、愚痴ばっかですいません…。
[PR]
by htm1216 | 2007-07-30 01:30 | 大会レポート
<< 幻想ノ宴・第三幕 ミント休日大会・レポート >>