慧音にエラッタがかかりました

今回が「騒ぎ立てればエラッタがかかる」という悪しき前例とならないよう、雛札製作委員会様にはより一層の努力をしていただきたく思います。


さてエラッタについて。
大雑把に言うと

《新史「新幻想史 -ネクストヒストリー-」》
当たらないとダメなので《パターン避け》に弱くなった。

《虚史「幻想郷伝説」》
《畏怖すべき存在》・《時間停止》が効くようになった。のである程度考えて戦うようになった。

《ダブルホーン》
それでも《「紅色の幻想郷」》や《紫奥義「弾幕結界」》の起動は封じられる。


とりあえず又フリー打つ時間があったらやります。
個人的には《新史「新幻想史 -ネクストヒストリー-」》が一番でかいかな。
3ターン目起動、4ターン目に殴って《パターン避け》されたら少しだるいです。でも《パターン避け》打たれた段階で呪力1発生するので、そのターンに《新史「新幻想史 -ネクストヒストリー-」》の再起動ができるからあんまり変わらないかもしれません。

慧音はこれでもまだ余裕で強い部類だと思うので、空気を読んだ修正なんじゃないでしょうか。
[PR]
by htm1216 | 2007-08-24 01:59 | 考察
<< いくつかでてきたのでまとめて 幻想ノ宴・第三幕 >>