カテゴリ:大会レポート( 18 )

4幕の大会結果

いくつか出てきました。
結構時間経ってますが…。


8/31 荒川の大会
使用デッキ:慧音3紫1

構成はスタンダードな感じなので割愛します。
《神隠し》3で《頭突き》が0。

1回戦 咲夜L/咲夜1魔理沙3

初心者の方でした。
こちらスペルが5枚で止まるものの、早々に《新史「新幻想史 -ネクストヒストリー-」》で変身して《虚史「幻想郷伝説」》で殴り続けて勝ち。
相手の貫通スペルが動こうとした時には《転世「一条戻り橋」》があったので相手はもはや何もできず。

2回戦 藍L/藍3妖夢1

いわゆるひとつの防壁デッキ。
こっちには《未来「高天原」》があるからひゃっほーい。

と思っていたら、《歴史喰い》も《葵符「水戸の光圀」》も《新史「新幻想史 -ネクストヒストリー-」》も無くて相手の《「狐狗狸さんの契約」》がまったくもって止まらない。
《未来「高天原」》はあったのですが、変身してないので相手からバックが来るわけで。
ということは防壁がない限り《「狐狗狸さんの契約」》3発+バック2点で死ぬわけです。
当たり前の話ですが。
変身すれば《虚史「幻想郷伝説」》で決死判定できるから…と考えて動いていたんですが結局引けないまま死亡。


3回戦 幽々子L/幽々子3妖夢1

いわゆるひとつの《幽雅な休息》+《御庭番》なデッキ。
先手だったので2ターン目に《歴史喰い》を。
あとは《新史「新幻想史 -ネクストヒストリー-」》で変身して《虚史「幻想郷伝説」》で殴り続けて勝ち。
《歴史喰い》を張る前に《幽雅な休息》を張られるとそれだけでだるいだけに、間に合ったのが勝因。


4回戦 紫L/紫1幽々子3

いわゆる《幽明境を異にする》。
相手先手で《結界「夢と現の呪」》、返す刀に《産霊「ファーストピラミッド」》。かまわず殴られて、4ターン目には《悉皆彷徨》配置。
こっちのハンドには《改竄》が無くてやむを得ず《神隠し》。
どうにか打開すべく《プレインエイジア》のぶっぱプレイ。
通ったので変身、なんとかマウントしようとするも《結界「夢と現の呪」》に再度《悉皆彷徨》。
こちらのスペルが貧弱で、《新史「新幻想史 -ネクストヒストリー-」》しかまともな殴りスペルがない。
受けててもしょうがないので起動。
《幽明境を異にする》さえ来なければどうにか…。
当然《幽明境を異にする》されて負けました。


5回戦 藍L/藍2紫2

後手でスペルが《虚史「幻想郷伝説」》、《転世「一条戻り橋」》。1ターン止まって《包符「昭和の雨」》。
相手は3ターン目に《式神「橙」》。
4点、4点、4点と食らった段階で打開策が引けなかったので投了しました。


うーん?
言い訳にしかならないけど、慧音がなんであんなに安定して勝ててるのか分からない。


続いて蒲田。

使用デッキは紫1幽々子3。

1回戦 アリスL/鈴仙1橙1アリス1萃香1

どうみても《大群》です。
そして俺のデッキには《暴食》というメタカードがインしております。
そりゃー負けない。


2回戦 紫L/紫1レミリア3

先手取って《結界「夢と現の呪」》、《結界「夢と現の呪」》、《結界「夢と現の呪」》、《結界「夢と現の呪」》。
ひたすら殴り続けて体力リードを奪い、《死蝶「華胥の永眠」》で残りを削りに行く構え。
相手も《紅魔「スカーレットデビル」》を引いてこちらを削りに来る。
で、動いた方が死ぬ体力になったところで相手が《「紅色の幻想郷」》引いて1ターン待つ感じに。
しょうがないのでこっちからパンチ。
そして《幽明境を異にする》。
勝った!

相手は《畏怖すべき存在》を1枚も引かなくて《「紅色の幻想郷」》引くターンも遅くてといろいろ弱かったのが勝因。
相性を普通に考えるとだいぶ悪いんですよね。


3回戦 輝夜L/輝夜3霊夢1

《難題「火鼠の皮衣 -焦れぬ心-」》で1回殴られたあと、《新難題「エイジャの赤石」》といわれる。
あれ受かんないんですけど。
こちらはウネウネ呪力ためつつ《死蝶「華胥の永眠」》で受けを制限しながら立ち回る。
んでギリギリのラインまで粘って、相手の体力を残り5にして《「反魂蝶」》起動。
相手に《新難題「金閣寺の一枚天井」》といわれる。
ここで俺が《幽明境を異にする》を引けばかつる!

引けませんでした。っていうか1枚くらいください。

思った以上に幽明境と輝夜の相性は悪いようです。


4回戦 慧音L/慧音4

《新史「新幻想史 -ネクストヒストリー-」》で変身されて《未来「高天原」》マウントで負け。
おかしいな、もう少しこっちはなんとかできる想定だったのに。
こっちの立ち回り方がありえないくらいグダグダだったのでもう少し勉強すべき。


5回戦 レミリアL/レミリア2咲夜2

後手。とはいえ相手の大半は拡散スペル。
ということで《死蝶「華胥の永眠」》がすごい勢いでマウントして勝ち。




4幕環境自体については次の記事で。
[PR]
by htm1216 | 2008-10-01 20:45 | 大会レポート

蒲田幻想物語12

参加してきました。
いろいろあってレポートは遅れましたが適当に読んで頂ければ。
使用デッキは妹紅3霊夢1。
レシピは下の記事もしくは幻想うどんげをご覧下さい。


1回戦 輝夜3レミリア1 後手
2ターン目に起こされた《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》が止まらない。
迎撃用に入れた《夢符「二重結界」》が引けないのでしょうがなく《不死「火の鳥 -鳳翼天翔-」》でブロックしながらゲーム進行。
《宿敵》を起動すればダメージレースも十分いけるはずなのに、相手の場にはすでに《「永夜返し」》が置いてあるので配置すら出来ない罠。
あーこれは1回戦から負けたかとぼんやり思ったのはナイショ。
どうにか《セルフバーニング》から《永遠の苦輪》《虚人「ウー」》で削り返しに行く。
《永遠の苦輪》と《リザレクション》を合計5枚引いたのでなんとかなるんじゃねーと途中で思い始めて、気合入れて計算タイム。
ラストターン近辺。
相手の起動スペル《「永夜返し」》、《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》。リーダーに《永遠と須臾の世界》、シーンが《竹取飛翔》。
こっちは起動スペルなし、《リザレクション》が配置されててゴミ箱に《虚人「ウー」》が1枚。
ハンドが《朱雀の炎》《永遠の苦輪》《リザレクション》で、相手の残り体力が10、こっちは3。
散々長考した末に相手のミスに期待するしかないと思って《リザレクション》で《虚人「ウー」》を釣ってアタック。
迎撃が《「永夜返し」》。なんだってー!パスが通った!残り6。
《リザレクション》置いてエンド。こちらの呪力が残り2。で相手充填で1。
相手充填にとりあえず聞いてから《リザレクション》で《「パゼストバイフェニックス」》を釣って1ターン黙ってもらう。
《虚人「ウー」》を《永遠の苦輪》して《朱雀の炎》打ってぴったり届いた。
超絶危ない試合だった。


2回戦 妖夢2幽々子2 後手
2ターン目に起こされた《人符「現世斬」》が止まらない。
なんというデジャヴュ。
今度は《夢符「二重結界」》があるので適当に守って、《永遠の苦輪》から《「パゼストバイフェニックス」》を拾ってストパンの開幕。
でもさすがに《人符「現世斬」》のダメージが重たくてかなり離される。
しかし、相手が勝手に《「パゼストバイフェニックス」》のストパン警戒でスペルをワシワシ起こしてくれるのでなぜかどうにかなりそうな雰囲気へ。
打点が足りないので《宿敵》を追加して、なんとかダメージレースを追っかける。
こちらの体力が6、相手の体力が10、相手の《人符「現世斬」》には《悉皆彷徨》が配置されている。
こっちはドローに期待をかけるしかないということで《「インペリシャブルシューティング」》を迎撃用に起こしてターンをまわす。ちなみに、場に《リザレクション》と《宿敵》があって捨て札に《虚人「ウー」》が落ちてる状態。
ここでまたしても相手の深読みにより《幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」》*2を起こしてエンド。
なんというエクストラ1ターン。
《「インペリシャブルシューティング」》を起こして、殴ってきたらバック3点、殴ってこなければ6点だぜというブラフをしてみる。
そうすると相手は釣られて次のターンにアタック《人符「現世斬」》。《「インペリシャブルシューティング」》でブロックしてこっちに4点相手に3点。あれ《チームプレイ》もなし?で残り9。
んじゃー《虚人「ウー」》釣ってみます。相手ここぞとばかりに《永遠を斬る》。何を斬りますかと聞いたら《「インペリシャブルシューティング」》だった。
呪力はおいくらですか?
残り0ですか。
そうかよし。釣った《虚人「ウー」》に《朱雀の炎》を2枚。《宿敵》。合計9点で勝った。

3回戦 咲夜4 先手
初心者さんでした。まぁ知り合いなんですが。
《時間減速》を《リザレクション》や《永遠の苦輪》で無効化させつつ動いていく。
試合展開は…普通に殴ってたら相手が勝手に沈んだ。
そもそも相手の引いたスペルが《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》1、《幻在「クロックコープス」》2、《幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」》2とか厳しすぎた。
それでスペル止まったらきびしすぎるわ。

4回戦 プリズムリバー3紫1 先手
初手、《宿敵》《リザレクション》《全方位攻撃》《夢符「二重結界」》《「パゼストバイフェニックス」》《「インペリシャブルシューティング」》。
ここから《虚人「ウー」》、《「インペリシャブルシューティング」》と引いてきて考えた末に3ターン目《宿敵》配置。
《リザレクション》しか復活カードがないのでこれを機軸にして動けばいけるでしょ。《神隠し》されたら釣り上げつつ動けばいいや的に。
相手は少し考えて《幽霊ヴァイオリン》から《神弦「ストラディヴァリウス」》。
ドローが《セルフバーニング》。《リザレクション》置いて《夢符「二重結界」》起動してエンド。
引き続いて《神弦「ストラディヴァリウス」》で殴られる形。
次のターン、とりあえず《セルフバーニング》で残り1枚の《虚人「ウー」》を確実に落としておく。続けて《リザレクション》で《「インペリシャブルシューティング」》を出して《宿敵》かけて6点。
その次は《「インペリシャブルシューティング」》だと当たらない可能性もあるので《「パゼストバイフェニックス」》を起こしてエンド。
相手はその間《大合奏「霊車コンチェルトグロッソ」》を起こしてダメージレースを追っかけてきた。
しかしこっちは攻防に使う呪力が5+1なのに相手は6+3とか重すぎる展開。
なので、《大合奏「霊車コンチェルトグロッソ」》を落とせば十分だろうということで《夢符「二重結界」》受けの《全方位攻撃》と言ってみた。
相手ちょっと考えてから投了。

5回戦 アリス3魔理沙1 先手
普段の咲夜なら絶望する相手だけど今回はいけるぜ!
相手は後手2ターン目に《香霖堂》。
こっちは命中さえちゃんと狙えばかなりいけるのでゆっくり《宿敵》。
そして《「インペリシャブルシューティング」》、《「パゼストバイフェニックス」》、《蓬莱「凱風快晴 -フジヤマヴォルケイノ-」》と起こして殴りまくる。
相手はとりあえず《ストロードール》*2《ファントム・ザ・グランギニョル》*2《上海人形》*2となってそれなりに硬くなる。
さらに《上海人形》の3枚目に《仏蘭西人形》までついて+4/+4。
じゃあこっちも《虚人「ウー」》。釣ると打点5命中6貫通誘導弾とか意味がわからなかった。
《責任転嫁》で粘られるも、釣り上げカードが相手の《香霖堂》のおかげで尽きることなく押し切った。
若干デッキ枚数がやばかったのはナイショ。


ということで優勝しました。
なんか最初の2戦(特に1戦目)は拾ったゲームだったのでラッキーだった感は否めない。
妹紅は《セルフバーニング》からのストパンがメイン…ではなく《虚人「ウー」》を拾って打点と命中を同時に補正するのが真骨頂ですね。
あと《宿敵》。これはマジで強い。
相手に先手取られて軽いスペルでずっと殴られるのがだるいので霊夢1は結構いいと思うんですが、4幕でこの組み合わせが追加されるのやら。
[PR]
by htm1216 | 2008-06-21 18:00 | 大会レポート

月夜の独奏会&蒲田幻想レポート

月夜の独奏会(1/13)
使用デッキは咲夜3レミリア1。

レミリア3咲夜1 ×
フランドール4 ○
妹紅4 ○
妖夢3メルラン1 ×
アリス4 ×

2-3とかさすがに無い。
というか余りにも当たりたくないキャラとマッチしてたので、使用デッキが間違ってた模様。
妹紅に勝てたのは僥倖でしかない。


蒲田幻想10(1/27)
使用デッキは藍3紫1。

藍1橙2紫1 ○
レミリア4 ○
咲夜1魔理沙3 ×
霊夢3紫1 ○

で3-1でした。
前回とは逆にマッチングが綺麗過ぎる。強デッキ多すぎ。
試合の様子?
4424防壁1でひたすら殴るだけのデッキなのであまり語るところが無い罠。
霊夢戦は《式神「憑依荼吉尼天」》《式神:橙》が揃ってたので4ターン目起動、しばらく《神隠し》を打たれず、《大結界「博麗弾幕結界」》で迎撃。
2点、たまに3点を与えていき《式神:橙》を割られて《陰陽玉》。返す刀で《神隠し》、殴ってスペルを《式神「八雲藍」》に切り替え。
手札に《式神強化》と《ピンポイント》、相手のライフは6。相手も呪力があんまりない。
《神霊「夢想封印 瞬」》が起きても倒せるし、《大結界「博麗弾幕結界」》なら2点当たるからよし。《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》も《神霊「夢想封印 瞬」》と同じですよねー。
という形で勝ち。

藍3紫1のレシピは下に置いときます。
[PR]
by htm1216 | 2008-01-28 09:30 | 大会レポート

死亡確認

蒲田幻想物語⑨に出てきました。

使ったデッキは慧音3萃香1です。


1回戦 アリスL/アリス1レミリア1パチュリー1魔理沙1 ×
2回戦 萃香L/萃香4 ×
3回戦 幽々子L/幽々子2妖夢2 ×
4回戦 不戦勝
5回戦 慧音L/人慧音1妖慧音1永琳1パチュリー1 ×

どうみても全敗です。
本当にありがとうございました。
使った感触としては…何も言うことがなかった。

何を書いても愚痴にしかならないのでここまで。
[PR]
by htm1216 | 2007-11-20 23:42 | 大会レポート

レポート

またも大会レポ。
ミントのシャアさん主催大会に出てきました。
使用デッキは変わらず咲夜3レミリア1で。

1回戦 永琳3レミリア1 後手
お互いマッタリスペルを並べあう展開。起動してこないのでアウト狙いかなぁと思っていたら、相手から動きがあったので殴り合いへ。
相手は《練丹「水銀の海」》+《サーヴァントフライヤー》、こちらは《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》と《必殺「ハートブレイク」》を使って相手の呪力を揺さ振る展開。
《威厳》、《威厳》、《離剣の見》、《離剣の見》と有り余る命中補正があったので当て続ける。
適当に体力が減ったところで、《地上の密室》を貼られてこちらの打点が減る。
でもこちらの《傷魂「ソウルスカルプチュア」》が刺さって勝利。
恒久的に回復されなければそこまで苦しくも無いものですね。

2回戦 妹紅4 後手
《必殺「ハートブレイク」》を必死に当て続ける試合。
《チェックメイト》が無いのでしょうがなく《サーヴァントフライヤー》付けて呪力払いつつ攻撃。
相手はゴミ箱に一度《「パゼストバイフェニックス」》を落として《永遠の苦輪》をかけてこようとしたので、迎撃用にLv2スペルを起こしたりいろいろ動き回る。
そういうことをしてると当然、呪力が枯渇していく。
相手がラストに《「インペリシャブルシューティング」》を呼び出したときにハンドに《時間停止》があるのに、どう呪力を捻出しても「次ターンの詰め」と「このターンの守り」を両立させる手順が無くなって敗北。

3回戦 プリバ3永琳1 後手
お互いスペルを置き続ける展開。なのはいいんですが、4ターン目に楽器が3種類付いて《騒霊「スティジャンリバーサイド」》を起こされて炎上。
何もかもこのカードにグチャグチャにされました。
ラストまで相手のスペルが6枚しか並ばなかったのに逆転することなく粉砕されました。
あのスペルはやばい。

4回戦 輝夜4 先手
1ターン目に《天罰「スターオブダビデ」》、直撃、《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》起きて2-2、《必殺「ハートブレイク」》+《サーヴァントフライヤー》、5回殴り続けた。
勝った。

5回戦 紫1パチュリー3 先手
先手、《天罰「スターオブダビデ」》。返しに《水符「プリンセスウンディネ」》。2回殴って、《幻在「クロックコープス」》に《チェックメイト》付けて攻撃へ。
この辺で《小悪魔》、《二重詠唱》されてダメージを稼がれる。
とにかく《幻在「クロックコープス」》で殴り続けると相手のデッキから《貧血》が2枚落ちる。
こいつは空気を読んだ。えらい。
ラストは《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》+《威厳》。
相手の《日符「ロイヤルフレア」》を潰してくれた。ありがとう!初めて役に立ったなんていえないよ!
[PR]
by htm1216 | 2007-10-21 01:32 | 大会レポート

レポばっかですねぇ

近々暇が出来たら何か記事書くかも。
こういうこと言ってる段階で書かない気がするのはきっと罠。

月夜の演奏会出てきました。御影さん主催乙です。
使用デッキは微調整した咲夜3レミリア1。

1回戦 咲夜1魔理沙3 先手
先手3ターン目に《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》立て、返しに《高速詠唱》《魔砲「ファイナルスパーク」》というスタート。
でも相手は3枚目のスペルが置けずエンド。
こちら再起動。
次のターンも止まった。さすがにこれは負けない。
最後まで《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》が殴り続けました。

2回戦 霊夢3魔理沙1 後手
初手、《傷魂「ソウルスカルプチュア」》と《サーヴァントフライヤー》。
相手は《神霊「夢想封印 瞬」》*2《夢戦「幻想之月」》*2《大結界「博麗弾幕結界」》*2で止まって、途中で《霊符「夢想封印 集」》*1を追加。まぁ呪力足りないですね。
相手は《傷魂「ソウルスカルプチュア」》を止められないのでひたすら殴り続けて勝ち。

3回戦 霊夢3レミリア1 後手
初手、《幻象「ルナクロック」》*3でスペルそれだけ。《サーヴァントフライヤー》はあるけど《傷魂「ソウルスカルプチュア」》か《瀟洒な従者》引かないとなぁドロー《傷魂「ソウルスカルプチュア」》。
相手はスペルが4枚で止まって、5枚になって、死ぬまでスペルが増えずに終了。

4回戦 妖夢2幽々子2 先手
超絶不利。
でも初手が《天罰「スターオブダビデ」》《必殺「ハートブレイク」》《奇術「ミスディレクション」》《サーヴァントフライヤー》《時間減速》《威厳》とか光り輝いていた。
相手は優先権得たのに後手とか言ってきたので、意気揚々と《天罰「スターオブダビデ」》起動。
2ターン目に《獄界剣「二百由旬の一閃」》を起こされる。1点2点と言ってから《必殺「ハートブレイク」》&《サーヴァントフライヤー》を起動。
途中、相手が呪力7貯めてきたときが一番怖かったものの《永遠を斬る》を引かれていなかった。
5点刺さり続けて勝ち。

5回戦 レミリア2咲夜2 後手
序盤お互い《時間減速》警戒してスペルを起こさず。4ターン目に《神術「吸血鬼幻想」》を起こされ、返せる手が《幻象「ルナクロック」》+リーダー能力しかないという有様。
こちらから殴れるスペルが《傷魂「ソウルスカルプチュア」》しかなくて起こすに起こせない。
受けから攻めに切り返すことができないまま終局。

頭を冷やして考え直してみると、《神術「吸血鬼幻想」》には迎撃スペルが当たらないから無視して《傷魂「ソウルスカルプチュア」》で4回殴った方が早かったような気がする。
気がするというか間違いなくそのはず。
結果としては《時間停止》を打たれて間に合わないっぽいけど、きちんと対応できなかったというのは勿体無い試合だった。

つーことで4-1でした。
正直、マッチ運とシャッフル運が良すぎた感は否めない。
それでも優勝できなかったというのはアレだなぁ。

デッキ自体の改良案はいくつか思いついているのでもうちょい使い込みたい。
割と言われているし、自覚もしている「《約束》の下位互換」というのをなんとかしたい(´・ω・`)
咲夜2で充分といや充分なんですけどね確かに。
[PR]
by htm1216 | 2007-10-16 02:13 | 大会レポート

いくつかでてきたのでまとめて

ミント平日
咲夜1魔理沙3が強いよってことで作って出場。

1回戦 咲夜1魔理沙3 ×
2回戦 紫4 ×

おなかすいたのでここで夕食喰いにドロップ。
あ、紫には先手1《結界「夢と現の呪」》を返せなくてグダグダした末に負けでした。

浜松町公式。
咲夜1魔理沙3作って出場。

1回戦 妹紅3慧音1 後手
《星符「ドラゴンメテオ」》で4回殴って勝ち。

2回戦 萃香3咲夜1 後手
《星符「ドラゴンメテオ」》で2回殴ったら相手が投了。

3回戦 紫1幽々子3 後手
色々計算して相手に対応できる要素がなければ勝てた。相手にはなかったので勝った。

4回戦 咲夜1魔理沙3 先手
先手!勝った!と思ったら呪力4以上のスペルしかなくて命中合戦で呪力足りなくなって何も立てずにエンド。
返しに相手が《高速詠唱》をトップして負け。

綾瀬公式。
前日に思いついた咲夜3レミリア1で。

1回戦 永琳3輝夜1 先手
2ターン目《瀟洒な従者》して《傷魂「ソウルスカルプチュア」》で殴り続けてみる。
相手は《回復薬》つけた《薬符「胡蝶夢丸ナイトメア」》で応戦。
《必殺「ハートブレイク」》引いた起こした《地上の密室》されたー。
途中で《危険な薬》を付けられて間に合わなくなって、最終的に詰めカード待ちをせざるを得なくなって逆に押し切られて負け。

2回戦 紫2藍1橙1 先手
《式神:八雲藍+》が《結界「夢と現の呪」》、《式神「八雲藍+」》について《式神強化》と《八雲卍傘》された。
あとはわかるな('A`)

3回戦 幽々子4 先手
2ターン目《瀟洒な従者》して《傷魂「ソウルスカルプチュア」》引いて以下略。
《幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」》に《デーモンロードウォーク》あわせつつ呪力稼ぎ。
《「反魂蝶」》が出てくるも迎撃しかされなかったお陰で巻き返されず、ラストに《咲夜の世界》で詰め。

4回戦 萃香3咲夜1 後手
《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》置いてあるのに集中命中4のスペルを立ててこられた。
まぁ決死できないからいいのか?と思ったらその次も起こされた。流石にそんなプレイされて負けるわけには。
適当にダメージ稼いでラストの《鬼神「ミッシングパープルパワー」》を《時間停止》してデッキ切れ。

5回戦 魔理沙2パチュリー1アリス1 先手
2ターン目《瀟洒な従者》して《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》。
《幻符「殺人ドール」》とセットで相手を押さえ込みつつゆっくりダメージを稼いで《傷魂「ソウルスカルプチュア」》でダメージを与えていって勝ち。

6回戦 霊夢3紫1 先手
3ターン目《瀟洒な従者》して《傷魂「ソウルスカルプチュア」》。
1回通って2回目には《陰陽玉》ついた。《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》がしばらく頑張って、《森羅結界》と《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》で完封状態に入るも2枚目の《傷魂「ソウルスカルプチュア」》引いて勝ち。

なんというか最初の2つが無かった。
まぁ、咲夜は意外と3幕でもいけるもんだと見直したので使おうと思います。
[PR]
by htm1216 | 2007-10-07 23:02 | 大会レポート

蒲田幻想物語7

出てきました。のでレポート。
しつこいようですが輝夜はあんまり書くことがないんですが…。
ということで使ったのは輝夜4です。
それにしても《「永夜返し」》ってどこにいたんだろう?

1回戦 輝夜L/輝夜4 後手
相手は《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》を1枚だけ引いてました。あと《「永夜返し」》。
こっちは《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》2、《新難題「エイジャの赤石」》2、《世明け》を序盤に2枚、途中でもう1枚。
…相手は《新難題「エイジャの赤石」》も《世明け》もありませんでした。
相手の《「永夜返し」》を受けるのに少々てこずりましたがそういう問題じゃなくフルボッコに。

2回戦 咲夜L/咲夜3妖夢1 先手
《人符「現世斬」》、《獄界剣「二百由旬の一閃」》と置かれる。とりあえず《世明け》を《人符「現世斬」》に。
相手はわかってましたよ、とばかりにもう1枚《人符「現世斬」》を置いて起動。返しに《世明け》をつけると大変ゲンナリ。
まぁどうみても勝ちペースなんですけど…。
3ターン後にスペルストップ。は、まぁいいとしましょう。でもLv3スペルというか《「永夜返し」》が無い。
そしてその間に、相手に態勢を整え返されて不利に。
結局終局までジリ貧のまま押し切られるコース。
どうにも手札の中でできることが少ないので、こういう状況になるとどうしようもないんですよね。
言い訳がましい。

3回戦 輝夜L/輝夜4 先手
2ターン目《難題「火鼠の皮衣 -焦れぬ心-」》、返しに《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》。殴るとスルーされる。《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》引いたので起こして受け。相手は受けに《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》を起こしてきて、そのまま泥沼の殴り合いに。
最終局面で相手がうっかり《穢き世の美しき檻》を余計なところで使ってしまい、その結果こっちが《新難題「エイジャの赤石」》2つ起こしてギリギリのダメージレースを制して勝ち。
ちなみにこの試合も《「永夜返し」》引かず。

4回戦 妖夢L/妖夢2鈴仙2 後手
スペルが止まってしょうがないので《世明け》、《世明け》、《世明け》と言って形だけ作って負け。
《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》はあったものの《楼観剣》の付いた妖夢スペルにはボコボコにされざるを得なかった。
《楼観剣》と言われてる段階でわかる話ですが《「永夜返し」》はなし。

5回戦 紫L/紫1鈴仙3 後手
今までの鬱憤を晴らすかのようなブン回りして勝ちました。
《神隠し》で割られない《竹取飛翔》って強いですね。
《「永夜返し」》2枚と《竹取飛翔》で呪力を完封して勝ち。
やっと想定どおりの場を作れた。

Lv4だと波が激しすぎるのか、どうも安定しませんね。
去年咲夜単使ったときも似たような感触だったんですけどw
5試合でまともに《「永夜返し」》引けたの1試合だけとかいかがなものか。
てか、愚痴ばっかですいません…。
[PR]
by htm1216 | 2007-07-30 01:30 | 大会レポート

ミント休日大会・レポート

前回は予約できなかったがために抽選落ちしてしまった苦い思い出のあるシャアさんの大会。
今回はしっかり予約して参加してきました。
使用デッキは輝夜4です。
レシピはいつものように1つ下の記事に。
以下は対戦レポートです。
まぁ、輝夜はやることがテンプレなのであまり面白い試合結果になりませんけど。

1回戦 紫L/紫3霊夢1 先手
紫相手は《新難題「エイジャの赤石」》を引かなければ辛い。
とはいえ、Lv4ボーナスがないので一応《「永夜返し」》でも1-1を取れたので少し楽。
ずっと1-1交換し続けて、《新難題「エイジャの赤石」》が来ないのでしょうがなくリーダー能力を連打し続けて無理矢理引く。
引いた後は貫通と防壁1付けてずっと殴り続けて勝ち。
相手の《神隠し》を《世明け》と《姫を隠す夜空の珠》1枚ずつに使ってもらって、2枚目の《姫を隠す夜空の珠》が割られなかったので《漱石枕流》も怖くなかったのはよかった。

2回戦 レミリアL/レミリア3幽々子1 後手
1ターン目《天罰「スターオブダビデ」》、2点もらって返しに《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》。
2-2後に《冥符「黄泉平坂行路」》、《冥符「黄泉平坂行路」》、《紅魔「スカーレットデビル」》、《パターン避け》、《「紅色の幻想郷」》、《パターン避け》、《畏怖すべき存在》で負け。
1回《パターン避け》を警戒しなければならない場面で《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》で返したターンがあったのがミスといえばミスになるかも。でも、《新難題「月のイルメナイト」》でも決死判定されるだけなので大差ないんですが。
ていうか相手の動きを潰せない手札だったのでさすがに無理でした。

3回戦 魔理沙L/魔理沙2パチュリー2 先手
相手が《木符「シルフィホルン」》、《光撃「シュート・ザ・ムーン」》でエンドしたので3ターン目に《世明け》を《光撃「シュート・ザ・ムーン」》に。
相手は呪力を目いっぱい貯めて投げつけるデッキなので、この動きができれば勝てるパターン。
《新難題「エイジャの赤石」》先生がフルボッコにして勝ち。

4回戦 輝夜L/輝夜3霊夢1 後手
3ターン目に《「永夜返し」》を起こされる。
返しに《世明け》付けて《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》起こし。
返しに殴られる。書いてて気付いたけど殴らなくてよいですね。
そして相手スペル止まる。止まる。引く。止まる。引く引く引くという流れ。
自分は初手に《新難題「エイジャの赤石」》がありました。
攻撃4防壁1貫通で殴り続けて勝ち。

3-1でした。賞品にジンギスカンキャラメル。地雷過ぎるw
[PR]
by htm1216 | 2007-07-17 03:25 | 大会レポート

蒲田幻想物語6レポート

出てまいりました。
今の環境はまともに行ったら咲夜Lv3のデッキでは勝ちきれないと思いつつ、でも勝てたらいいなとか考えたりしながら。
起きたら喉が痛くてちょっと出かけるか悩みましたが、行くと決めた以上は行こうと。
今現在、喉が洒落になってなくて少し後悔してますが…。

1回戦 レミリアL/レミリア2咲夜2 (狐氏) 先手 ○
しょっぱなから苦手なイメージのある《約束》です。
ただ、よく考えてみるとこちらがちゃんとした引きをすればそこまで相性が悪いわけでもないなぁと思いました。
あちらが先手だと結構マウント取られてしまいそうですけど。

初手に《幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」》がなかったのでまったりスペルを配置。
3ターン目に《奇術「エターナルミーク」》《傷魂「ソウルスカルプチュア」》《幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」》置いてエンドしたら、返しに《神術「吸血鬼幻想」》を起動される。
手札から《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》を置いて起こして3点3点。
その2種で殴りあうものの、あちらが後手から無理に動いていたため呪力に無理が出る。そしてこちらからダメ押しに《時間減速》を《神術「吸血鬼幻想」》に。
最終局面で相手が見切って攻撃してきて、返すこちらの攻撃を決死する予定だったがこちらの手に《離剣の見》があったので勝ち。

元々は氏のmixi記事をみて今日の大会に出ようと思ったので、1回戦でマッチされたのは何かの運命だったのかなぁと思ったり。
彼の咲夜3妖夢1は《離剣の見》0だったので、最後の見切りプレイをしてしまったとのこと。確かに、自分で使ってるデッキレシピを基本に相手の動きを想像してしまいますよね。

2回戦 永琳L/永琳2輝夜2 先手 ○
《蓬莱の薬》デッキ。それにしても口頭だと判別しにくいですね。
このデッキは以前使ったことがあるんですが、きっちり《蓬莱の薬》が引けないとどうしようもないイメージでした。
試合のほうは、相手が《ヴォヤージュ1970》まで使ったのに《蓬莱の薬》が全然出てこなかったので順調に押し切りました。
回避2のリーダーに対しては半端じゃなく強いスペル構成なので、相手のキーカードが出てきさえしなければ割とどうにかなります。

3回戦 魔理沙L/魔理沙3紫1 先手 ○
ここで魔理沙。タッチ紫とは割と意外でした。
先手1ターン目《幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」》、相手返しに《光符「アースライトレイ」》。
2点直撃して《光符「アースライトレイ」》起動。さらに2点入れて《時間減速》。これは《神隠し》されるも《幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」》で受けて17対15。
こちらは呪力を貯めて《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》につなげる最高の流れをするが、相手は《恋符「マスタースパーク」》などの主力スペルがいっさいこない。加えて、《ミニ八卦炉》もないので戦況が傾くわけもなく、勝ち。
あそこまで何もないとどうしようもありませんね。

4回戦 レミリアL/レミリア3霊夢1 先手 ○
この試合で相手が並べたスペルを列挙。
・《紅魔「スカーレットデビル」》*1
・《霊符「夢想封印 散」》*2
・《神術「吸血鬼幻想」》*2
・後なんか適当な小型スペル(起動されなかった)*1
そしてスペルが1ターンほど止まっていました。
こちらはスペルも止まらずに《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》と《奇術「エターナルミーク」》で戦線安定。勝ち。

5回戦 輝夜L/輝夜3レミリア1 先手 ○
初手に《獄界剣「二百由旬の一閃」》と《傷魂「ソウルスカルプチュア」》しかなく、攻めようにも攻められない状態が4ターンほど。
相手も同じく攻められないようで、5ターン目に引いた《人符「現世斬」》からダメージレース開始。
相手のスペルが全体的に重たいのに対してこちらが軽めで、終始こちらが攻撃して相手が防御する展開に。
《「永夜返し」》、《新難題「エイジャの赤石」》で1回ずつ殴られたくらいのはず。
防御スペルが軒並み拡散なので《幻符「殺人ドール」》、防壁が厄介なので《人符「現世斬」》、迎撃用に《獄界剣「二百由旬の一閃」》と《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》を起こした状態のまま進行して、最後相手の体力が7のとき《傷魂「ソウルスカルプチュア」》を立ててエンド→相手何かのスペルで攻撃して2点返って《新難題「金閣寺の一枚天井」》と《新難題「エイジャの赤石」》立ててエンド。
返しに《時間停止》引いて勝ち。
まぁ《咲夜の世界》も握ってたのでどっちでも勝てたというオチですが。
普通に考えると輝夜VS咲夜は咲夜不利ですが、相手が魔理沙メタな構築をしていたお陰でどうにかなったという印象ですかね。
回避2+3しても《人符「現世斬」》+《離剣の見》で当たりますからね…。


で5-0。
マッチング運、カット運、全部先手だったなどの要素にかなり助けられたとは思うんですが、優勝したことは素直に嬉しいです。

それにしても、我ながら蒲田の勝率は異常だと思います。
何か憑いてるんでしょうか?
[PR]
by htm1216 | 2007-05-14 01:52 | 大会レポート