<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

マナーについてちょっとした苦言

余計なお世話だと一蹴されることを前提に今回の記事を書きます。
一TCGプレイヤーとしては見逃せない、見逃したくない話だったのでどうしても書くことにしました。

・カードゲームショップでないところでTCGをする
しないでください。

・ショップで大声を出す
出さないでください。

・大会会場で騒ぐ
騒がないでください。

・開会式・閉会式などでゲームをしている、おしゃべりをしている
静かにしましょう。

Q.なんでだと思いますか?
A.それはマナーだからです。
Q.マナーとはなんですか?
A.守るべきものです。
Q.なんでですか?
A.マナーだからです。

これはループする話です。
マナーってそういうものですよね。
モラルと置き換えてもいいですが。

Q.なんで人を殺したらいけないのですか?
A.殺したらいけないから殺したらいけません。

個人的にはこれと同レベル。



あとラストに一言。
大会会場で大騒ぎするのは本当に迷惑行為です。
会場が借りられなくなる恐れもあります。
みなさん会場の部屋を出てエレベーターホールにいるとき大騒ぎしてますが、あれって本当によくないことなんですよ。

宴と言うゲームを長く楽しむために、マナーは守られなければなりません。
一人ひとりの心がけが大切だと思います。
[PR]
by htm1216 | 2007-01-27 00:33 | 日常

食わず嫌い防止月間

あまり魔理沙を真面目に使っていなかったのですが、2.0になっていい加減やってみようと思います。
それでどのタイプがベストなのかを考えてみる。
リーダーは基本的に魔理沙。《ミニ八卦炉》が使えるので殆ど大前提。
但し、蒲田4で御影さんが使っていた紫Lの《Lunatic》デッキは別物ですが。
あれ俺昔使ってみて魔理沙ミラーで弱すぎるから厳しいんじゃないかと思ったのですが、ミラーマッチはなかったんでしょうか。

さておき。

・咲夜1
《離剣の見》《幻象「ルナクロック」》《奇術「ミスディレクション」》が優秀。
但し魔理沙の決死判定が4なので回避4はあまり強くない気もする。
どちらかというと《幻象「ルナクロック」》のように軽くて強い迎撃スペルがあることが重要なのか。
咲夜Lだったら簡単だったんですがそれでは本末転倒なので…。
蒲田4の結果を見ると、魔理沙のスペルカードは22~23が多いようです。
なのでそれを踏まえて咲夜1のイベント・サポートスロットを考えてみます。

3《離剣の見》
3《ピンポイント》
3《魔力結晶》
3《高速詠唱》
3《ミニ八卦炉》
2《疾風怒濤》

これは霊夢メタというか咲夜1のメリットを最大限に生かした形というべきかも。
ミラーマッチや、回避2とマッチングしたとき6枚も腐るカードが存在することを考えると難しい。
メタの置き所次第。

・霊夢1
実は《博麗アミュレット》が必要な場面は激減したと思われます。
よって1.0タイプではよく見られたこのパターンは微妙かもしれません。
ただし美鈴と咲夜には効きますね。
美鈴は場を作られると死にますが、蒲田にはいなかったっぽいので今のところはあまり考えてもしょうがないかなぁとか。

・妖夢1
《半幽霊》《獄界剣「二百由旬の一閃」》の2種が目当て。
あとこのタイプはミラーに強く作ることも可能。

3《パターン避け》
2《かすり避け》
3《魔力結晶》
3《高速詠唱》
3《ミニ八卦炉》
2《半幽霊》
2《疾風怒濤》

命中補正は《ミニ八卦炉》《半幽霊》だけに任せて、回避力を上げた形。スペル22だけど。
詰めの《疾風怒濤》を《パターン避け》されても泣かない。
回避2増えてるのと、新規イベントの追加で《パターン避け》が減少傾向にあると読むならこういう形も悪くない。はず。
《半幽霊》は霊夢と同じく回避型のデッキである鈴仙に有利になるカードなので、「俺は霊夢には当たらない」と言い張るのも一興。

自分で使うなら妖夢型かも。
勿論《ピンポイント》入れたり外したり色々しますけども。
それにしても、イベントスロットが随分多様性を増したので1.0に比べると読みが効きづらくなった感がありますね。
[PR]
by htm1216 | 2007-01-08 13:16 | 考察

蒲田幻想物語4レポート

2.0出てから初めての大会出場です。
何を使うか迷った末に、咲夜ではなく霊夢3紫1を使用しました。
デッキレシピは下の記事または幻想風来うどんげnewsをご覧ください。

1回戦 鈴仙L/鈴仙1霊夢3 後手
前日にデッキ相談に乗ったチームメイトの光星氏にマッチング。
正直これはひどいマッチングだと思いつつも、対策カードが多く入っているだけこちら有利なのでよしと思うことに。
しかし思うようにカードが引けず、お互い《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》が当たらない状態になってターンエンドを繰り返す場に。
こちらは《幻想結界》を《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》につければ鈴仙のリーダー能力を使えなくなるので、その場を作れればいいはずなんですがデッキの奥底に眠らされていました。
引けた頃には時間がなくなってました。
引き分け。
宴で引き分けたの初めてな気がします。

2回戦 魔理沙L/魔理沙3咲夜1 後手
1ターン目に《魔符「スターダストレヴァリエ」》を起こされ、返しに呪力1スペルがない。
放置して後手3ターン目に《神霊「夢想封印 瞬」》を起こす。
相手の場《魔符「スターダストレヴァリエ」》《恋符「マスタースパーク」》《魔砲「ファイナルスパーク」》。
ゲームが終わるまで《神霊「夢想封印 瞬」》が殴って勝ち。

3回戦 輝夜L/輝夜1パチュリー3 先手
適当にスペルを並べる。相手の場に《水&火符「フロギスティックレイン」》《金符「シルバードラゴン」》《水符「プリンセスウンディネ」》と並んでこちら《神霊「夢想封印 瞬」》まで待つか《神技「八方鬼縛陣」》で殴るか悩む。
結局後者を選択して殴り。
相手は《水&火符「フロギスティックレイン」》。2回ほど戦闘した後《神霊「夢想封印 瞬」》に切り替えると、相手に《貧血》をこちらにつけて《日符「ロイヤルフレア」》+《小悪魔》と斬り返された。
こいつは参った。しかたなく《神霊「夢想封印 瞬」》で殴って呪力3点支払う。
《日符「ロイヤルフレア」》がどうしようもないので《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》を立てて回避のポーズ。
かわせるはかわせるものの手札がスカスカになっていくのでかなり苦しい。
攻撃と迎撃を両方《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》に任せられないので、《神霊「夢想封印 瞬」》も起こさなければならない。《貧血》がものすごく苦しかった。
それでもじわじわと呪力と場を整えて粘り、ラストまでかわし続けて押し切り。
相手のデッキに入っていたのが《魔法書》じゃなくて《ピンポイント》だったら負けていた。

4回戦 魔理沙L/魔理沙3咲夜1 先手
相手が《魔力結晶》を1回も使わなかった。そして《神霊「夢想封印 瞬」》と《夢戦「幻想之月」》で押し切った。
《天賦の才》《夢戦「幻想之月」》で回避5とか本当に強いですね。

5回戦 アリスL/アリス2パチュリー2 先手
相手はスペルが4枚で止まったものの、《上海人形》をつけて《咒詛「魔彩光の上海人形」》を立ててきたので《神隠し》。
相手はここぞとばかりに《錬金術》《人形生成》で《ストロードール》を3枚そろえようとしてきたが颯爽と《神隠し》。
以下《神技「八方鬼縛陣」》と《神霊「夢想封印 瞬」》で押し切り。

霊夢は書くこと少ないですね。
いや、咲夜が書くこと多すぎるだけなんでしょうか。そんな気がします。
霊夢超簡単。

トータル4-0-1で2位入賞。
前回もそうですが、俺はサブマリン入賞が好きなんでしょうか。
ちなみに次はきっと霊夢じゃないのを使うんではないかと。
そもそも次はいつでしょうね。
[PR]
by htm1216 | 2007-01-08 00:52 | 大会レポート

蒲田幻想物語4レシピ

《腋巫女れーむ》
霊夢L/霊夢3紫1
SpellCard-24
3 《結界「夢と現の呪」》
3 《夢符「二重結界」》
3 《神技「八方鬼縛陣」》
3 《大結界「博麗弾幕結界」》
3 《夢戦「幻想之月」》
3 《神霊「夢想封印 瞬」》
3 《無題「空を飛ぶ不思議な巫女」》
1 《式神「八雲藍」》
1 《霊符「夢想封印 集」》
1 《霊符「夢想封印 散」》
EventCard-6
3 《無重力》
3 《神隠し》
SupportCard-10
3 《天賦の才》
3 《調伏》
3 《森羅結界》
1 《幻想結界》

2.0環境でまず思ったことは《ミニ八卦炉》がものすごく強力なので魔理沙が増えるということ。
続いて、魔理沙に勝てるデッキとして霊夢、咲夜が挙げられていたものの咲夜はその《ミニ八卦炉》でものすごく苦しくなったこと。
2.0の新キャラで魔理沙に有利なデッキに鈴仙が挙げられること。
この3つを総合的に考えた結果、今回のデッキになりました。
今考えてみるとスペルカードを1枚削って《幻想結界》を1枚追加するのがよさそうです。
霊夢ミラーと紫4は勘弁してください、ということで。
ミラー用には《博麗アミュレット》が一応役に立つんですが、これはミラー以外だと紙切れなのが厳しいところ。

2.0環境下では現状、1.0環境ほどわかりやすいオールマイティなデッキがないのでどれを使うか悩み中です。
色々と使い分けてみよう。
咲夜に戻りたいんですが魔理沙やら永琳やら勘弁していただきたい。
[PR]
by htm1216 | 2007-01-08 00:30 | デッキレシピ

2.0考察シリーズ

年末年始遊び倒しすぎて更新がとても遅れました。
皆さんあけましておめでとうございます。

さて、友人宅で宴と麻雀を楽しんできました。
その結果の感想及び考察をつらつらと書いてみようと思います。
お付き合いいただければ幸いです。


 《狂気の月の兎 鈴仙・優曇華院・イナバ》

咲夜・紫に勝てるようになった反面、絶対的なフィールド制圧力を失った霊夢という印象。
Lv4ボーナスがそこまで強力ではないものの《逢魔が刻》と相性がよいのでLv4にするならそれが根拠になりそう。
これは2.0のキャラの傾向として言えることでもある。
主力は《月眼「月兎遠隔催眠術(テレメスメリズム)」》、《狂夢「風狂の夢(ドリームワールド)」》、戦略の主軸に《散符「真実の月(インビジブルフルムーン)」》がそれぞれ強力。
イベント・サポートは《ジャミング》が白眉の性能。リーダー能力との相性がよく、1枚つけるだけで殆どのスペルが沈黙するのは素晴らしい強さ。
《狂気の瞳》は変則的な《天賦の才》。
変換すると、リーダー能力+《狂気の瞳》の呪力5で《パターン避け》と同じ効果が発生することになる。
うどんげが《逢魔が刻》と相性がいいというのは、このように呪力のはけ口があり且つ強力な効果を発揮することが理由といえる。

 《月の頭脳 八意永琳》

器用貧乏。咲夜・紫・霊夢へのメタキャラクター。
Lv4にすると《秘術「天文密葬法」》、輝夜Lv1にすると《禁薬「蓬莱の薬」》がそれぞれ強化される。《秘術「天文密葬法」》はLv3スペルとしては5425集中防壁1と地味な性能だが、当たらない相手には《禁薬「蓬莱の薬」》が効果覿面。この2種を擁する永琳Lv3は優秀である。
わかりやすい欠点はリーダーの回避2。ただし永遠亭タイプがメリットを持つため一概に欠点と言い切るのもよくない。
《危険な薬》はタイミングを見計らえば強力な詰めカード。火力不足に悩まされがちな永遠亭としては、搦め手のダメージはとても使い勝手がよい。
一応《超天才》とあわせれば自分の呪力が得するようになるが、その2手を指すのに必要な呪力と手札を考えると得をしていないため、よい選択肢ではない。
回避3のリーダーで使うとよいのだろうか?まだ試していないので未知数。

 《永遠と須臾の罪人 蓬莱山輝夜》

体力の化け物。回復効果を持つため咲夜に強い。また、受けのスペルに重いスペルを使わざるを得ないデッキに対して強力な制圧力がある。
《「永夜返し」》か《新難題「エイジャの赤石」》のどちらかを主軸にして戦うのがスタイル。
Lv3ならば主力は《新難題「エイジャの赤石」》になる印象。つまりLv2/Lv2でも主力スペルが変わらないため、輝夜はその系統でも研究の余地があると思われる。
Lv4の呪力縛り戦術の場合は、いかにして《穢き世の美しき檻》でストレート攻撃を取るかにかかっている。
相手に呪力を使い切ってスペルを起こすプレイをされるとどうしようもないことはありうる。
紫をリーダーとし、《世明け》をつけてストレートを取るのもひとつのやり方であろう。

 《悪魔の妹 フランドール・スカーレット》

手札を攻撃力に変換する。体力を回避に変換する。姉とは違ったアドバンテージのとり方をするデッキ。
《秘弾「そして誰もいなくなるか?」》は何名かのキャラにとって絶望的な状況を作り出すスペルカード。
ただし調子に乗ってリーダー能力を使いそうになるのはありえないので注意を。当然、使う側も使われる側も。
レミリアと違って迎撃に有効なスペルも数枚存在するのは長所。特に《禁弾「過去を刻む時計」》は素晴らしい効果。
色々と考えた結果としては基本戦略はレミリアと似通っている。《秘弾「そして誰もいなくなるか?」》で殴ればいい。それだけである。

 《知識と日陰の少女 パチュリー・ノーレッジ》

残念ながら今回の印象の中では最弱キャラクターと感じてしまった。
最低限いえることは、今までの感覚で使えるデッキではないというもの。
今のところつかんだイメージは序盤スペルを使用せず、中盤にスペルを同時に起動するころに《賢者の石》をつけて呪力のリカバリーをするようなもの。
ただし《逢魔が刻》が必要なので、相手次第では先制されてずるずると負けパターンに陥る。
霊夢に強そうに見えるが《土符「レイジィトリリトン上級」》を最低2枚引いてやっと勝負になる、魔理沙やレミリアなどの序盤からの攻撃をしてくるデッキには手も足も出ない。
実はスペルカードの傾向が防御系よりも攻撃系の方が多い。
また体力が17しかないことを鑑みると、防御スペルよりも攻撃に集中した方が勝てるのであろう。

 《華人小娘 紅美鈴》

全体的にいえることは高スペック。紅魔館相手に回避1とはいえ、《必殺「ハートブレイク」》や《禁忌「レーヴァテイン」》が大量に入っているデッキはさして多くは無いはず。
そのリスクに目をつぶれば、Lv4の《三華「崩山彩極砲」》はそれだけでゲームを終わらせるカード。
一度《「紅色の幻想郷」》が当たらないほどサポートをつけたら相手に投了されたことすらある。
命中8まで上がれば霊夢といえどそうそうかわすことは楽ではない。
しっかり《黄震脚》を揃えて《森羅結界》を割れれば押し切れる。
Lv3以下の構築は…Lv3で組む意味が今の自分にはわからないため、今回は割愛の方向で。


とりあえず適当にアップ。
明日起きたら編集するかも?するかも?
そういうことを言ってるときは編集されないのが世の常でもあります。
[PR]
by htm1216 | 2007-01-03 04:02 | 考察