<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

蒲田幻想物語6レポート

出てまいりました。
今の環境はまともに行ったら咲夜Lv3のデッキでは勝ちきれないと思いつつ、でも勝てたらいいなとか考えたりしながら。
起きたら喉が痛くてちょっと出かけるか悩みましたが、行くと決めた以上は行こうと。
今現在、喉が洒落になってなくて少し後悔してますが…。

1回戦 レミリアL/レミリア2咲夜2 (狐氏) 先手 ○
しょっぱなから苦手なイメージのある《約束》です。
ただ、よく考えてみるとこちらがちゃんとした引きをすればそこまで相性が悪いわけでもないなぁと思いました。
あちらが先手だと結構マウント取られてしまいそうですけど。

初手に《幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」》がなかったのでまったりスペルを配置。
3ターン目に《奇術「エターナルミーク」》《傷魂「ソウルスカルプチュア」》《幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」》置いてエンドしたら、返しに《神術「吸血鬼幻想」》を起動される。
手札から《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》を置いて起こして3点3点。
その2種で殴りあうものの、あちらが後手から無理に動いていたため呪力に無理が出る。そしてこちらからダメ押しに《時間減速》を《神術「吸血鬼幻想」》に。
最終局面で相手が見切って攻撃してきて、返すこちらの攻撃を決死する予定だったがこちらの手に《離剣の見》があったので勝ち。

元々は氏のmixi記事をみて今日の大会に出ようと思ったので、1回戦でマッチされたのは何かの運命だったのかなぁと思ったり。
彼の咲夜3妖夢1は《離剣の見》0だったので、最後の見切りプレイをしてしまったとのこと。確かに、自分で使ってるデッキレシピを基本に相手の動きを想像してしまいますよね。

2回戦 永琳L/永琳2輝夜2 先手 ○
《蓬莱の薬》デッキ。それにしても口頭だと判別しにくいですね。
このデッキは以前使ったことがあるんですが、きっちり《蓬莱の薬》が引けないとどうしようもないイメージでした。
試合のほうは、相手が《ヴォヤージュ1970》まで使ったのに《蓬莱の薬》が全然出てこなかったので順調に押し切りました。
回避2のリーダーに対しては半端じゃなく強いスペル構成なので、相手のキーカードが出てきさえしなければ割とどうにかなります。

3回戦 魔理沙L/魔理沙3紫1 先手 ○
ここで魔理沙。タッチ紫とは割と意外でした。
先手1ターン目《幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」》、相手返しに《光符「アースライトレイ」》。
2点直撃して《光符「アースライトレイ」》起動。さらに2点入れて《時間減速》。これは《神隠し》されるも《幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」》で受けて17対15。
こちらは呪力を貯めて《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》につなげる最高の流れをするが、相手は《恋符「マスタースパーク」》などの主力スペルがいっさいこない。加えて、《ミニ八卦炉》もないので戦況が傾くわけもなく、勝ち。
あそこまで何もないとどうしようもありませんね。

4回戦 レミリアL/レミリア3霊夢1 先手 ○
この試合で相手が並べたスペルを列挙。
・《紅魔「スカーレットデビル」》*1
・《霊符「夢想封印 散」》*2
・《神術「吸血鬼幻想」》*2
・後なんか適当な小型スペル(起動されなかった)*1
そしてスペルが1ターンほど止まっていました。
こちらはスペルも止まらずに《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》と《奇術「エターナルミーク」》で戦線安定。勝ち。

5回戦 輝夜L/輝夜3レミリア1 先手 ○
初手に《獄界剣「二百由旬の一閃」》と《傷魂「ソウルスカルプチュア」》しかなく、攻めようにも攻められない状態が4ターンほど。
相手も同じく攻められないようで、5ターン目に引いた《人符「現世斬」》からダメージレース開始。
相手のスペルが全体的に重たいのに対してこちらが軽めで、終始こちらが攻撃して相手が防御する展開に。
《「永夜返し」》、《新難題「エイジャの赤石」》で1回ずつ殴られたくらいのはず。
防御スペルが軒並み拡散なので《幻符「殺人ドール」》、防壁が厄介なので《人符「現世斬」》、迎撃用に《獄界剣「二百由旬の一閃」》と《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》を起こした状態のまま進行して、最後相手の体力が7のとき《傷魂「ソウルスカルプチュア」》を立ててエンド→相手何かのスペルで攻撃して2点返って《新難題「金閣寺の一枚天井」》と《新難題「エイジャの赤石」》立ててエンド。
返しに《時間停止》引いて勝ち。
まぁ《咲夜の世界》も握ってたのでどっちでも勝てたというオチですが。
普通に考えると輝夜VS咲夜は咲夜不利ですが、相手が魔理沙メタな構築をしていたお陰でどうにかなったという印象ですかね。
回避2+3しても《人符「現世斬」》+《離剣の見》で当たりますからね…。


で5-0。
マッチング運、カット運、全部先手だったなどの要素にかなり助けられたとは思うんですが、優勝したことは素直に嬉しいです。

それにしても、我ながら蒲田の勝率は異常だと思います。
何か憑いてるんでしょうか?
[PR]
by htm1216 | 2007-05-14 01:52 | 大会レポート

蒲田幻想物語6レシピ

《時間制御少女》
咲夜L/咲夜3妖夢1
SpellCard-23
3 《幽鬼剣「妖童餓鬼の断食」》
3 《獄界剣「二百由旬の一閃」》
3 《人符「現世斬」》
2 《幻在「クロックコープス」》
3 《幻符「殺人ドール」》
3 《奇術「エターナルミーク」》
3 《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》
3 《傷魂「ソウルスカルプチュア」》
EventCard-11
3 《パターン避け》
3 《離剣の見》
3 《時間停止》
2 《咲夜の世界》
SupportCard-6
3 《時間減速》
3 《半幽霊》

いくつか時期を見てのメタゲームで構築しました。

・エラッタ適用前であること。
ここから魔理沙が多そうであると推測。そして、これはほぼ全員の共通見解であるということも推測し、魔理沙メタ=高速移動の重視があると思われました。
よって、集中スペルはできる限り排除で。
《幻象「ルナクロック」》に《デーモンロードウォーク》を合わせられたらたまったもんじゃないです。

・メタの中心を魔理沙、レミリアと絞る。
この2つに共通することは高攻撃力。つまり、《最後の砦》の発動条件を満たすのはかなり困難であるという結論。
レミリアに対しては《精神統一》でダメージを抑えて条件を満たすことも一応可能とはいえ、魔理沙相手は貫通されるということを考えると、無理に狙わずともいいのではないか?ということで全抜き。
勿論今回のメタであって毎回そうとは限りませんが。
[PR]
by htm1216 | 2007-05-14 01:04 | デッキレシピ

アレだ

mixi見てたら咲夜3妖夢1とか見たので今週の幻想物語に行くことにしました。
我ながら突発的すぎる。
咲夜使いますよ!
マゾいとか言われても知りません。予想は3-2以下。目標はいつでも優勝ですが、環境と合わないデッキ使ったら勝てないからなぁ。
何が起こるかわからないんで、とりあえず出てみようということで。

でメタ読みの話。
といっても、2.0環境で殆どプレイしてないのでよくわからないんですが。
ただエラッタ前ということで魔理沙多そうですね。

エラッタ前だから魔理沙多そう→魔理沙メタ

までメタがずれると霊夢いっぱいになるんですが。若しくは《デーモンロードウォーク》フルのレミリア。
大体メタの中心はこの3種でしょう。レミリアはLv3と《約束》の2種をカウントします。《約束》は咲夜じゃないっすよ?

で、非常に残念ながら手持ちの咲夜のレシピの予想は

VS魔理沙3咲夜1 4.5:5.5
VS霊夢3紫1 4.5:5.5
VSレミリア3咲夜1 4:6
VSレミリア2咲夜2 4:6

くらいという絶望的な状況です。
魔理沙は世間ではアホの様に高い評価を受けていますが、《ミニ八卦炉》を2ターン目に《魔力結晶》から展開されなきゃなんとかなります。多分。
あと霊夢4相手なら紫1と違って《神隠し》を警戒しなくていいので、相性はグンとよくなって5.5:4.5くらいになりそうですが。

この辺に対してどう耐性つけるかが課題。
ついたら苦労しませんが。
どうなるかは週末。これでいけなかったらどうしよう。
[PR]
by htm1216 | 2007-05-10 04:46 | 考察