<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

蒲田幻想物語7

出てきました。のでレポート。
しつこいようですが輝夜はあんまり書くことがないんですが…。
ということで使ったのは輝夜4です。
それにしても《「永夜返し」》ってどこにいたんだろう?

1回戦 輝夜L/輝夜4 後手
相手は《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》を1枚だけ引いてました。あと《「永夜返し」》。
こっちは《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》2、《新難題「エイジャの赤石」》2、《世明け》を序盤に2枚、途中でもう1枚。
…相手は《新難題「エイジャの赤石」》も《世明け》もありませんでした。
相手の《「永夜返し」》を受けるのに少々てこずりましたがそういう問題じゃなくフルボッコに。

2回戦 咲夜L/咲夜3妖夢1 先手
《人符「現世斬」》、《獄界剣「二百由旬の一閃」》と置かれる。とりあえず《世明け》を《人符「現世斬」》に。
相手はわかってましたよ、とばかりにもう1枚《人符「現世斬」》を置いて起動。返しに《世明け》をつけると大変ゲンナリ。
まぁどうみても勝ちペースなんですけど…。
3ターン後にスペルストップ。は、まぁいいとしましょう。でもLv3スペルというか《「永夜返し」》が無い。
そしてその間に、相手に態勢を整え返されて不利に。
結局終局までジリ貧のまま押し切られるコース。
どうにも手札の中でできることが少ないので、こういう状況になるとどうしようもないんですよね。
言い訳がましい。

3回戦 輝夜L/輝夜4 先手
2ターン目《難題「火鼠の皮衣 -焦れぬ心-」》、返しに《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》。殴るとスルーされる。《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》引いたので起こして受け。相手は受けに《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》を起こしてきて、そのまま泥沼の殴り合いに。
最終局面で相手がうっかり《穢き世の美しき檻》を余計なところで使ってしまい、その結果こっちが《新難題「エイジャの赤石」》2つ起こしてギリギリのダメージレースを制して勝ち。
ちなみにこの試合も《「永夜返し」》引かず。

4回戦 妖夢L/妖夢2鈴仙2 後手
スペルが止まってしょうがないので《世明け》、《世明け》、《世明け》と言って形だけ作って負け。
《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》はあったものの《楼観剣》の付いた妖夢スペルにはボコボコにされざるを得なかった。
《楼観剣》と言われてる段階でわかる話ですが《「永夜返し」》はなし。

5回戦 紫L/紫1鈴仙3 後手
今までの鬱憤を晴らすかのようなブン回りして勝ちました。
《神隠し》で割られない《竹取飛翔》って強いですね。
《「永夜返し」》2枚と《竹取飛翔》で呪力を完封して勝ち。
やっと想定どおりの場を作れた。

Lv4だと波が激しすぎるのか、どうも安定しませんね。
去年咲夜単使ったときも似たような感触だったんですけどw
5試合でまともに《「永夜返し」》引けたの1試合だけとかいかがなものか。
てか、愚痴ばっかですいません…。
[PR]
by htm1216 | 2007-07-30 01:30 | 大会レポート

ミント休日大会・レポート

前回は予約できなかったがために抽選落ちしてしまった苦い思い出のあるシャアさんの大会。
今回はしっかり予約して参加してきました。
使用デッキは輝夜4です。
レシピはいつものように1つ下の記事に。
以下は対戦レポートです。
まぁ、輝夜はやることがテンプレなのであまり面白い試合結果になりませんけど。

1回戦 紫L/紫3霊夢1 先手
紫相手は《新難題「エイジャの赤石」》を引かなければ辛い。
とはいえ、Lv4ボーナスがないので一応《「永夜返し」》でも1-1を取れたので少し楽。
ずっと1-1交換し続けて、《新難題「エイジャの赤石」》が来ないのでしょうがなくリーダー能力を連打し続けて無理矢理引く。
引いた後は貫通と防壁1付けてずっと殴り続けて勝ち。
相手の《神隠し》を《世明け》と《姫を隠す夜空の珠》1枚ずつに使ってもらって、2枚目の《姫を隠す夜空の珠》が割られなかったので《漱石枕流》も怖くなかったのはよかった。

2回戦 レミリアL/レミリア3幽々子1 後手
1ターン目《天罰「スターオブダビデ」》、2点もらって返しに《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》。
2-2後に《冥符「黄泉平坂行路」》、《冥符「黄泉平坂行路」》、《紅魔「スカーレットデビル」》、《パターン避け》、《「紅色の幻想郷」》、《パターン避け》、《畏怖すべき存在》で負け。
1回《パターン避け》を警戒しなければならない場面で《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》で返したターンがあったのがミスといえばミスになるかも。でも、《新難題「月のイルメナイト」》でも決死判定されるだけなので大差ないんですが。
ていうか相手の動きを潰せない手札だったのでさすがに無理でした。

3回戦 魔理沙L/魔理沙2パチュリー2 先手
相手が《木符「シルフィホルン」》、《光撃「シュート・ザ・ムーン」》でエンドしたので3ターン目に《世明け》を《光撃「シュート・ザ・ムーン」》に。
相手は呪力を目いっぱい貯めて投げつけるデッキなので、この動きができれば勝てるパターン。
《新難題「エイジャの赤石」》先生がフルボッコにして勝ち。

4回戦 輝夜L/輝夜3霊夢1 後手
3ターン目に《「永夜返し」》を起こされる。
返しに《世明け》付けて《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》起こし。
返しに殴られる。書いてて気付いたけど殴らなくてよいですね。
そして相手スペル止まる。止まる。引く。止まる。引く引く引くという流れ。
自分は初手に《新難題「エイジャの赤石」》がありました。
攻撃4防壁1貫通で殴り続けて勝ち。

3-1でした。賞品にジンギスカンキャラメル。地雷過ぎるw
[PR]
by htm1216 | 2007-07-17 03:25 | 大会レポート

ミント休日大会・使用デッキレシピ

《永久に輝け、夜空の月よ》
輝夜L/輝夜4
SpellCard-23
3《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》
3《難題「龍の頸の玉 -五色の弾丸-」》
2《難題「燕の子安貝 -永命線-」》
3《新難題「月のイルメナイト」》
3《新難題「エイジャの赤石」》
3《神宝「蓬莱の玉の枝 -夢色の郷-」》
3《新難題「金閣寺の一枚天井」》
3《「永夜返し」》
EventCard-11
3《全方位攻撃》
3《ピンポイント》
3《満月光線》
2《不老不死》
SupportCard-6
3《世明け》
3《姫を隠す夜空の珠》

概ね普通の輝夜4だと思いますが、いくつか特徴というかあまり見られないカードについて。

・《難題「燕の子安貝 -永命線-」》
これ強いですよ?
輝夜の問題点はいくつかありまして、その中でも「受けと攻めの両方をこなせるカードの不足」はかなりの頭痛の種です。
呪力に糸目をつけないのであれば《神宝「蓬莱の玉の枝 -夢色の郷-」》、《「永夜返し」》がその仕事をしてくれるのですが、そうした場面より呪力の辛い状態ではこれがあるのとないのとでは大きく異なります。
このスロットには《難題「火鼠の皮衣 -焦れぬ心-」》がよく見受けられますが、このデッキは2ターン目にスペル起動は殆どしないので使いません。
よってこのスペルが入るのです。

・《穢き世の美しき檻》の不在
いりませんこれ。
Lv2なら使えるカードと思いますが4でこんなもん入れるスペースないと思います。
確かに相手の呪力をロックし続けた上でこれを使えば直撃を取れますが、打点ブーストのできないLv4でこれを使っても詰めに繋がらないのです。
加えて、結局《新難題「エイジャの赤石」》と《「永夜返し」》でしか攻撃しない=防壁持ちで攻撃する、ということでこのカードが要求されることはないのです。

・《世明け》
もうなんというか、個人的にはこれ書かなきゃならないのがものすごい違和感が。
このカード馬鹿にしてる人多すぎなんですよ。
勿論、強いスペルに付けることで相手の起動・戦闘呪力に制約をつけるのも強いんです。
が、本当の仕事は寝てるスペルに付ける事です。
発生呪力の縛りは、たとえ呪力1であろうと強いんです。
最強スタートは先手2ターン目《満月光線》、3ターン目《世明け》、5ターン目《「永夜返し」》。
「呪力追加4点支払えば戦える」というのは強がりです。
ただし欠点としてつけたターン以降、ターンが経過すればするほど強いカードなので、必然的に中盤以降に引くと最初に評価したほどの仕事はできないのは確かです。
しかし、《「永夜返し」》と呪力制限カードの組み合わせはやはり強い。よって3枚なのです。

ちなみに《竹取飛翔》でなく《姫を隠す夜空の珠》なのは、苦手なパチュリー潰しになるからです。
命中補正を少し減らして《竹取飛翔》を入れてもいいかもしれません。
[PR]
by htm1216 | 2007-07-17 03:25 | デッキレシピ

2強デッキだってさ

公式によくあんな怨念のこもった応援を送れるなぁと感心する次第です。
いくつか。

・アリス
×弱い
×強い
○相手次第
実際、咲夜3妖夢1では勝てません。アレは元来メタカードの束みたいなデッキなので、想定外の相手は大体苦手ですんで当たり前ですが。

ていうか、強かろうが弱かろうが好きなら使えばいいでしょう。
逆に、勝ち負けにこだわるならキャラが好きとかそういうのは切り捨てるべき。アリスで勝ちきれると考えるなら使えばいいし、他のデッキの方が勝てると思うなら使えばいいわけです。
愚痴るのはまぁ否定しませんが、多くの人の目に止まる公式に愚痴を垂れ流すのは本気で正気を疑う。

・紫、魔理沙っていうか公式のレス抜粋
>結局八雲か魔理沙の全盛期が続くだけかよ・・・もう貫通無しのキャラ愛デッキはプレイすんなってことか

ファンデッキプレイヤーはファンデッキプレイヤーでありだと思います。
例えば、美鈴1・パチュリー1・咲夜1で《猛攻》するデッキならばコンセプトデッキとして充分成り立ってますよね。
そして余った1レベルに何を入れて欠点を補うかが問題になるわけです。
命中が足りない、貫通が足りない、序盤の攻撃力が足りない、体力が足りない…etcetc...
こういうところで考えてこそファンデッキじゃないのかと。
その組み合わせを最大限に生かすことこそがキャラへの愛、デッキへの愛じゃないのかと。
単純に何も考えずに好きなキャラだけでデッキ組んで、ろくに対策もしてないで「あれに勝てないこれに勝てない」と公式に文句を言うような輩はどっかいけ。
対策をして勝てないなら自分のプレイングを見直すべき。

そもそも、紫にせよ魔理沙にせよ最強とかありえないわけで。
魔理沙はエラッタ前は最強に近かったようですが、それでも全力で対抗すればなんとかなったでしょう。
今となっては何をかいわんやですね。
紫に至っては、最強なんて時代はありません。防壁が強いなら貫通すりゃいいじゃない。
使いたいデッキに貫通が無い?ならば妖夢1と《ピンポイント》でも入れればいい。
使いたいデッキの組み合わせにレベル余裕が無くて、貫通が逆立ちしても入らない?
ならば、紫相手はあきらめる。代わりに他のデッキには勝てるようにする。
他のデッキに勝てるなら、苦手デッキさえ踏まなければ優勝できるのです。

公式見てると勘違いしてる人間はちらほらいるようですが、「全てのデッキに有利なデッキはない」のです。あったら全員それ使います。むしろゲームが壊れてます。誰もやりませんよね、そんなゲーム。
宴はそんなクソゲーではありません。
クソゲーならもう私はやってません。

もっとみんな頑張れ。
[PR]
by htm1216 | 2007-07-10 05:13 | 考察