<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

《セルフバーニング》について

とある宴プレイヤーに「《セルフバーニング》3はねーよ弱いから」と言われたので、とりあえず何かしらの反論を書こうと思います。

まず、《セルフバーニング》は単体だと何もしないカードなので、カードパワーは低いことは間違いありません。
何もしないどころか、ライフ1点と呪力3を損するので使う価値が無いでしょう。
そもそも《セルフバーニング》は単体で使うカードではないので、これは当然のことと思います。

では《セルフバーニング》はどういった仕事をするのでしょうか?

それには、妹紅というデッキが行動できる範囲を考える必要があります。
1つ目は場に置いたスペルカードを普通に起動して戦う事。
2つ目に、捨て札のスペルカードを起動することがいつでも可能である事。
1つ目はわざわざ書くまでも無いことですが、これは重要な事です。捨て札を経由させなければ妹紅ではない、というような誤った固定観念に囚われていては勝てないからです。
2つ目はあくまでも選択肢であることを忘れてはいけません。
2つ目の捨て札からの動きですが、こちらはまれに呪力面でのアドバンテージを語られているようです。
が、捨て札からの動きで真に重要なことはスペル枚数の増減ではありません。捨て札から場に置かれた時の追加効果こそが重要な要素といえます。
この追加効果を持つスペルは3種類あります。
《「インペリシャブルシューティング」》、《「パゼストバイフェニックス」》、《虚人「ウー」》です。

このうち《「インペリシャブルシューティング」》は、体力1の回復しか効果が無いためこれを捨て札から出すというのはよほどのことが無い限り行う価値がありません。
《「パゼストバイフェニックス」》は「落ちている事」もしくは「落とされる可能性」を吟味しなければならない存在であり、相手の行動に制約をかける事ができるカードです。
これをいつでも打てるぞ、ということが妹紅におけるメリットの1つと言えるでしょう。
《虚人「ウー」》は実質、《疾風怒濤》などの打点補正イベントと同義です。当然、呼び出した回数だけそういう仕事をするので、これは何回捨て札に落とすかがキーになるカードです。

捨て札を経由しない、場のみで戦った場合の妹紅のスペル性能は大して高くありません。
《宿敵》があるとはいえ、それだけで押し切るのは攻守両面において厳しいものがあります。
捨て札を利用できるんだぞ、というプレッシャーを相手に与え続けること、加えて実際に捨て札を使わなければならないのが妹紅であると俺は考えています。


さて、ここで《セルフバーニング》の枚数に戻ります。
俺の考える妹紅は、《「インペリシャブルシューティング」》も《「パゼストバイフェニックス」》も落とさなくてもいいですが、《虚人「ウー」》だけは落とさなければどうあがいても勝てません。
引いた《虚人「ウー」》は《リザレクション》で捨てられるとはいえ、全部引いたらもはや勝てないまであります。手札から直接捨てる効果はあくまで補助、緊急回避のようなものなのであまり利用したくありませんし。
妹紅は、「場+手札」しかない普通のデッキと異なり「場+手札+捨て札」の3つの選択肢から選んで動けるわけです。
手札から直接捨て札に行くと、カードの場所が変わっただけで行動の選択肢は増えませんが、デッキから捨て札に行くことは行動の選択肢がそれだけ増えるということに繋がります。
つまり、《セルフバーニング》は思いどおりのカードを落とせてかつ手札をすり減らさないため、実質的には呪力3+体力1+手札1を4枚のカードに変換するのと同義であると言えます。
そして《セルフバーニング》は試合終了までのどこかのターンで、ほぼ必ず復活系カードと同時に使うであろうことを考えると、そろう速度が最速になる3積みが正しいのではないでしょうか。
[PR]
by htm1216 | 2008-06-28 14:43 | 考察

蒲田幻想物語12

参加してきました。
いろいろあってレポートは遅れましたが適当に読んで頂ければ。
使用デッキは妹紅3霊夢1。
レシピは下の記事もしくは幻想うどんげをご覧下さい。


1回戦 輝夜3レミリア1 後手
2ターン目に起こされた《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》が止まらない。
迎撃用に入れた《夢符「二重結界」》が引けないのでしょうがなく《不死「火の鳥 -鳳翼天翔-」》でブロックしながらゲーム進行。
《宿敵》を起動すればダメージレースも十分いけるはずなのに、相手の場にはすでに《「永夜返し」》が置いてあるので配置すら出来ない罠。
あーこれは1回戦から負けたかとぼんやり思ったのはナイショ。
どうにか《セルフバーニング》から《永遠の苦輪》《虚人「ウー」》で削り返しに行く。
《永遠の苦輪》と《リザレクション》を合計5枚引いたのでなんとかなるんじゃねーと途中で思い始めて、気合入れて計算タイム。
ラストターン近辺。
相手の起動スペル《「永夜返し」》、《難題「仏の御石の鉢 -砕けぬ意志-」》。リーダーに《永遠と須臾の世界》、シーンが《竹取飛翔》。
こっちは起動スペルなし、《リザレクション》が配置されててゴミ箱に《虚人「ウー」》が1枚。
ハンドが《朱雀の炎》《永遠の苦輪》《リザレクション》で、相手の残り体力が10、こっちは3。
散々長考した末に相手のミスに期待するしかないと思って《リザレクション》で《虚人「ウー」》を釣ってアタック。
迎撃が《「永夜返し」》。なんだってー!パスが通った!残り6。
《リザレクション》置いてエンド。こちらの呪力が残り2。で相手充填で1。
相手充填にとりあえず聞いてから《リザレクション》で《「パゼストバイフェニックス」》を釣って1ターン黙ってもらう。
《虚人「ウー」》を《永遠の苦輪》して《朱雀の炎》打ってぴったり届いた。
超絶危ない試合だった。


2回戦 妖夢2幽々子2 後手
2ターン目に起こされた《人符「現世斬」》が止まらない。
なんというデジャヴュ。
今度は《夢符「二重結界」》があるので適当に守って、《永遠の苦輪》から《「パゼストバイフェニックス」》を拾ってストパンの開幕。
でもさすがに《人符「現世斬」》のダメージが重たくてかなり離される。
しかし、相手が勝手に《「パゼストバイフェニックス」》のストパン警戒でスペルをワシワシ起こしてくれるのでなぜかどうにかなりそうな雰囲気へ。
打点が足りないので《宿敵》を追加して、なんとかダメージレースを追っかける。
こちらの体力が6、相手の体力が10、相手の《人符「現世斬」》には《悉皆彷徨》が配置されている。
こっちはドローに期待をかけるしかないということで《「インペリシャブルシューティング」》を迎撃用に起こしてターンをまわす。ちなみに、場に《リザレクション》と《宿敵》があって捨て札に《虚人「ウー」》が落ちてる状態。
ここでまたしても相手の深読みにより《幽曲「リポジトリ・オブ・ヒロカワ」》*2を起こしてエンド。
なんというエクストラ1ターン。
《「インペリシャブルシューティング」》を起こして、殴ってきたらバック3点、殴ってこなければ6点だぜというブラフをしてみる。
そうすると相手は釣られて次のターンにアタック《人符「現世斬」》。《「インペリシャブルシューティング」》でブロックしてこっちに4点相手に3点。あれ《チームプレイ》もなし?で残り9。
んじゃー《虚人「ウー」》釣ってみます。相手ここぞとばかりに《永遠を斬る》。何を斬りますかと聞いたら《「インペリシャブルシューティング」》だった。
呪力はおいくらですか?
残り0ですか。
そうかよし。釣った《虚人「ウー」》に《朱雀の炎》を2枚。《宿敵》。合計9点で勝った。

3回戦 咲夜4 先手
初心者さんでした。まぁ知り合いなんですが。
《時間減速》を《リザレクション》や《永遠の苦輪》で無効化させつつ動いていく。
試合展開は…普通に殴ってたら相手が勝手に沈んだ。
そもそも相手の引いたスペルが《幻葬「夜霧の幻影殺人鬼」》1、《幻在「クロックコープス」》2、《幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」》2とか厳しすぎた。
それでスペル止まったらきびしすぎるわ。

4回戦 プリズムリバー3紫1 先手
初手、《宿敵》《リザレクション》《全方位攻撃》《夢符「二重結界」》《「パゼストバイフェニックス」》《「インペリシャブルシューティング」》。
ここから《虚人「ウー」》、《「インペリシャブルシューティング」》と引いてきて考えた末に3ターン目《宿敵》配置。
《リザレクション》しか復活カードがないのでこれを機軸にして動けばいけるでしょ。《神隠し》されたら釣り上げつつ動けばいいや的に。
相手は少し考えて《幽霊ヴァイオリン》から《神弦「ストラディヴァリウス」》。
ドローが《セルフバーニング》。《リザレクション》置いて《夢符「二重結界」》起動してエンド。
引き続いて《神弦「ストラディヴァリウス」》で殴られる形。
次のターン、とりあえず《セルフバーニング》で残り1枚の《虚人「ウー」》を確実に落としておく。続けて《リザレクション》で《「インペリシャブルシューティング」》を出して《宿敵》かけて6点。
その次は《「インペリシャブルシューティング」》だと当たらない可能性もあるので《「パゼストバイフェニックス」》を起こしてエンド。
相手はその間《大合奏「霊車コンチェルトグロッソ」》を起こしてダメージレースを追っかけてきた。
しかしこっちは攻防に使う呪力が5+1なのに相手は6+3とか重すぎる展開。
なので、《大合奏「霊車コンチェルトグロッソ」》を落とせば十分だろうということで《夢符「二重結界」》受けの《全方位攻撃》と言ってみた。
相手ちょっと考えてから投了。

5回戦 アリス3魔理沙1 先手
普段の咲夜なら絶望する相手だけど今回はいけるぜ!
相手は後手2ターン目に《香霖堂》。
こっちは命中さえちゃんと狙えばかなりいけるのでゆっくり《宿敵》。
そして《「インペリシャブルシューティング」》、《「パゼストバイフェニックス」》、《蓬莱「凱風快晴 -フジヤマヴォルケイノ-」》と起こして殴りまくる。
相手はとりあえず《ストロードール》*2《ファントム・ザ・グランギニョル》*2《上海人形》*2となってそれなりに硬くなる。
さらに《上海人形》の3枚目に《仏蘭西人形》までついて+4/+4。
じゃあこっちも《虚人「ウー」》。釣ると打点5命中6貫通誘導弾とか意味がわからなかった。
《責任転嫁》で粘られるも、釣り上げカードが相手の《香霖堂》のおかげで尽きることなく押し切った。
若干デッキ枚数がやばかったのはナイショ。


ということで優勝しました。
なんか最初の2戦(特に1戦目)は拾ったゲームだったのでラッキーだった感は否めない。
妹紅は《セルフバーニング》からのストパンがメイン…ではなく《虚人「ウー」》を拾って打点と命中を同時に補正するのが真骨頂ですね。
あと《宿敵》。これはマジで強い。
相手に先手取られて軽いスペルでずっと殴られるのがだるいので霊夢1は結構いいと思うんですが、4幕でこの組み合わせが追加されるのやら。
[PR]
by htm1216 | 2008-06-21 18:00 | 大会レポート

蒲田幻想物語12使用デッキ

《J研もこう》
妹紅L/妹紅3霊夢1
SpellCard-22
3《不死「火の鳥 -鳳翼天翔-」》
3《虚人「ウー」》
3《貴人「サンジェルマンの忠告」》
3《蓬莱「凱風快晴 -フジヤマヴォルケイノ-」》
3《「パゼストバイフェニックス」》
3《「インペリシャブルシューティング」》
3《夢符「二重結界」》
1《禁弾「過去を刻む時計」》
Event/SupportCard-18
3《全方位攻撃》
3《朱雀の炎》
3《セルフバーニング》
3《永遠の苦輪》
3《リザレクション》
3《宿敵》


《蓬莱「凱風快晴 -フジヤマヴォルケイノ-」》があれば霊夢にもいけんじゃねとか思ったのがことのはじまりです。
実際打ってないからなんともいえない。
《虚人「ウー」》を何回釣れるかが勝負になりそうなので、《宿敵》に《神隠し》を使ってもらえそうな構築にしたほうが強いだろうという想定で。
霊夢1なのはとにかく軽い受けスペルと軽い防壁スペルが欲しかったので。
だって、他のキャラだとあまりにも当たらないか《宿敵》がかからない打点スペルが主軸になっちゃうんだもの…。妖夢とかね。

まぁ3幕は勝てなかったので、とりあえずこれで1回優勝したのは素直に嬉しいです。
[PR]
by htm1216 | 2008-06-21 17:59 | デッキレシピ